戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

平成22年6月 月例報告

サッカーW杯TV番組の切り替えが重なってパニック状態!!。
録画予約するだけでも凄いコトに・・・。
ということで、既に終了している番組も7月まで放送があったモノは次回ということで・・・。

≪劇場鑑賞 映画≫
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
10周年というだけあって、地味に古いネタが仕込んであるのが笑えた。
にもかかわらず、劇場には意外と10代の客が多かった。
ネタの半分も理解できないだろうに・・・。
まぁ、ストーリーもシッカリしていたし、泣かせる場面まであったから大丈夫か?。
といっても、泣けるシーンにもチョコチョコと
小ネタを仕込んであるので、オレとしては笑いのほうが勝っちゃうんだけどネ・・・。
そして、泣いてる人の隣だと笑いにくいんだよなぁ~。

仮面ライダーX仮面ライダーX仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー
EPISODE RED ゼロのスタートゥインクル
最近あまり姿を見ない松本若菜チャンをガッツリ見れただけでも価値はあった。
それに、ああいう感じのもどかしい恋愛ストーリーも嫌いじゃない。
でも、電王としてはアリだが、仮面ライダーとしては・・・。
涙腺のゆるいお母さん泣きだすし
その横で辛抱のない子供グズりだすし・・・。
やっぱり、ラストの星空まったりシーン長過ぎるよネ。

EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル
幸太郎主人公のハズなのだが、
高山侑子チャンが演じる美来ほうが目立っていたような・・・。
そんな感じで、イマイチ話のバランスが悪かった気がする。
なんか、出演するならシッカリと働いてもらいましょうみたいな?・・・。
というか、低予算上映時間を延ばすための苦労というヤツかな?。

EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ
3作品に共通して言えることだが、バトル決着後の展開がダラダラし過ぎ!!。
というか、もともと1時間くらいの内容しか無いよネ。
これなら1時間に納めてくれたほうがスッキリする。
とくに、エピソード・レッドから引っ張った新チャーハン対決
企画自体は面白いけど、ラストにやる内容じゃない。
とにかく、前売り価格ならともかく、1800円出して観る作品じゃないと思う。
それでも、興業成績はまずまずだったようで・・・。
これだけオイシイ東映としては続けたいと思うよネ。
でも、小太郎コハナもそう呼ぶには限界がきているような・・・。
小太郎なんか声変わりしてるもんなぁ~。

告白
常々、中島哲也という監督が夢も希望も無い作品を手掛けたら、
さぞかしエグいモノになるだろうと思っていたが、そんな期待を裏切らない内容だった。
いつもの鮮やかな色彩は抑えられていたが、
淡々とした語りをベースに、BGMセリフテンポに変化をつける演出は流石。
原作が持つ衝撃を倍増させていたと思う。
しかし、CM「な~んてネ」というセリフは出さないで欲しかった。
ネタバレにはなっていないが、やはりシメだから・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
ヴァン・ヘルシング
思いっきり詰まった感じで、何度みても面白い映画だ。
なんたって、ドラキュラだけじゃなくて、狼男フランケンシュタインまで出てくるもんな・・・。
でも、小出しにしてシリーズ化したほうが良かったかも・・・。
いや、出し惜しみしないから面白いのかな?。

≪TV鑑賞 番組≫
3代目 明智小五郎 今日も明智が殺される
ミステリーじゃなくて、完全にコメディー
一応、江戸川乱歩小説をストーリーに盛り込んだりもしてるけど・・・。
そして、主役じゃなくても、完全に小池里奈チャンの為の番組だった。
スピンオフDVDまで出しちゃったもんネ。
やっぱり、里奈チャンにはコメディーコスプレが似合うというコトで・・・。

B型H系
とりあえず、人気声優主題歌を含めエロい声を出してくれれば良いという感じだった?。
原作4コマだけに、小ネタにはキレがあったが、
アニメ化するにあたってストーリーにのせてしまうとテンポが悪くなる。
というか、この手のラブシーンにはドキドキ甘酸っぱさを感じなくなってしまった。
まぁ、オレが汚れた大人だからいけないのかな?・・・。

いちばんうしろの大魔王
嫌いなジャンルではないし、イロイロ詰まっていて退屈はしない。
でも、12話で終わらすにはやはり無理があったと思う。
バトルシーンを濃くしてスローテンポにすれば、そこそこ面白いモノになったかも?・・・。
でも、6ヶ月かけてやるような番組でもないかな?。

聖痕のクェイサー
ひたすらオッパイな作品。
でも、それなりに内容も濃かったような・・・。
エロの為のストーリーなのか?。
ストーリーエロな設定を加えていったのか?。
どちらにせよ、絶妙なバランスだった。
続編が出来れば観たいと思える作品だ。

薄桜鬼
新撰組など名ばかりの腐女子御用達アニメだと思ったら、
史実も上手く取り入れた絶妙なストーリーに仕上がっていて驚ろいた。
作者はかなりの新撰組信者のようだ。
セカンド・シーズン函館戦争土方が死ぬまでやるんだろうか?。
とりあえず、セカンド・シーズンも観ることになるだろう。

デュラララ!!
とにかく、池袋の街並みがリアルなのが印象的。
それも、チョット前池袋・・・。
今は無いビルとかを見つけると懐かしい気持にもなった。
そして、背景とは対照的にブッ飛んだストーリー
カラーギャングはともかく、首なしライダー妖刀・・・。
もう、まともなヤツは誰もいない感じ。
そして、上手い具合に絡み合いながらもイマイチな結・・・、
などと思っていたトコロに、サイモン必殺パ~ンチ!!。
この一撃で全てがスッキリした!!。

Angel Beats!
あまりに、カオスな設定世界観に慣れた頃には終わっていた。
でも、意外と深いストーリーには感銘できた。
とにかく、軽いノリの戦線メンバーが現実に送った人生悲惨すぎる。
そのギャップにヤラれてしまった感じだ。
しかし、それを13話で片づけるのは無理があったと思う。

真・恋姫†無双?乙女大乱
三国志ってブームなの?。
なんか、やたら三国志ネタアニメが多くねぇ?。
真・恋姫†無双一騎当千XXSDガンダム三国伝最強武将伝・三国演義
もう、頭の中で話の内容が混ざってワケが分からない状態に・・・。
とくに、真・恋姫†無双真名なる呼び名があるので登場人物が捉えきれない。
まぁ、全部が分からなくても問題は無いと思うが、
なまじ三国志知識があると、誰なのか気になってスルー出来ない・・・。

WORKING!!
なんか、現実離れした世界の話より、
身近にあるモノを題材にした作品のほうが気楽に笑えて楽しめる今日この頃・・・。
この手のアニメを週一くらいで観るとリフレッシュ出来る。
そういう意味では貴重な番組だった。

荒川アンダー ザ ブリッジ
ケロロ軍曹前座として、なんとなく観ていたら最終回になっていた。
この手のナンセンスコメディー守備範囲外のはずなのだが・・・。
でも、絵はキレイなんだよネ、荒川なのに・・・。
あと、あのオープニング曲が頭に残っちゃうんだよな~。
ふと気が付くと、歌ってたりする・・・。

一騎当千 XTREME XECUTOR
画面比の問題もあるので、
完結するのかと思いきや・・・、まだまだヤル気満々って感じ?。
というか、今回から登場した馬超オレ好みのキャラなので続けて欲しい。
回想シーンの扱いに不安はあるが、次シーズン期待したい。

閃光のナイトレイド
満州関東軍原爆・・・、
日本人が避けて通りたい闇の時代を背景にした挑戦的な作品だ。
そして、超能力というフィクション要素を加えても、
葉加瀬太郎サンヴァイオリンを重ねても、そのインパクトは色褪せない。
オレ的には評価するが、観て不愉快に思う団体も多かったはず・・・。
そして、何よりストーリーについていけない視聴者も多かったのでは?。

迷い猫オーバーラン!
とにかく、可愛い女の子3人いればなんとかなるって感じかな?。
しかし、3人のうち2人ツンデレというのは激しい!!。
また、それだけに「にゃあ~」威力倍増なんだよネ・・・。
そして、ストーリーも掴みどころのないブッ飛んだ内容が多かった。
もう、何も考えずに、出てきたモノを全てを受け入れるしかない感じだった。
まぁ、このお手上げ感には視聴者主人公シンクロ率を高める効果があるのは認める。
でも、オジサンは観てて疲れた・・・。

セキレイ
新シーズンの前に再放送というは実に助かる
これで復習もバッチリ!!。
出来れば、ストライクウィッチーズもやって欲しかったのだが・・・。

≪DVD鑑賞 映画≫
ボルト
金欠で観るのをあきらめて、レンタル旧作になるのを待っていた。
やはり、動物の描き方が上手いよネ。
の感じなんかはリアルなのにアニメ・キャラクターとしての可愛さは失わない。
そんなバランス感覚は流石と言うしかない。
ただ、オッサンなのは・・・、まぁ、成犬だからなんだろうけど・・・。
スポンサーサイト
Genre : ブログ ブログ
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://a548859067.blog44.fc2.com/tb.php/235-2ad47b54



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。