戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ウルトラ銀河伝説 特別映像

12月12日に公開される大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
知らない間に、公式HPで新たな特別映像が見られるようになっていた。
チェックが甘かったなぁ・・・、シルバーウィークは休み無しで働いていたから・・・。
でもって、これを見ると新たに気になる映像がイッパイ!!。

で、今さら話題にするのも遅いような気がするが、
やはり、一番の注目は噂のウルトラセブン息子ウルトラマンゼロだろう。
どんな母親から生まれたら、そうなるんだ?・・・。
アンヌ隊員の立場はどうなるんだ?・・・。
いろいろと物議をかもしだしている、ウルトラマンゼロ

そういえば、随分前にネット上の掲示板で
頭部に2本のアイスラッガーをつけたウルトラ戦士デザイン画がでまわったことがある。
今思えば、それがゼロデザイン原画だったのかもしれない。
まぁ、オレを含めた殆んど人間が悪い冗談としか捉えていなかった。
あったとしても、タロウに指導を受けている門下生の一人だろうと思っていたが・・・。

で、初めて画像を見た時は、とてもカッコ良いとは思えなかったゼロ
を含んだボディ、悪い目つき、そして、頭部にある2つのゼロスラッガー
まぁ、ボディの配色にが入るは初めてじゃないし、
目つきの悪さも ULTRASEVEN X で多少は慣れているのだが・・・。
でも、2つあるゼロスラッガーだけはどうしても馴染めない。
どうしても、せんとくんとイメージが重なってマヌケに見えてしまう。
でも、不思議なことに、動けば大して気にならないんだよなぁ~。
イベントなどで見た人の感想も聞いても、同じ意見が多いようだ。
ちなみに、このゼロスラッガーは単に2つあるというだけではなく、
2つ組み合わ方で、いろんなモードに変化して多彩な技を繰り出すようだ。
どうやら、オモチャも発売されるらしい。 コチラはチョット楽しみだネ。

0909300101.jpg 

まぁ、デザインはさておいて、オヤジには嬉しいこともあった。
それは、かつてセブンに鍛えられたレオゼロの指導者になっていたこと。
レオが師匠なら、ゼロ宇宙拳法の達人になれるはずだ。
さらに、それをウルトラキングアストラが見守る姿も・・・。
昭和ウルトラマンのファンにはたまらない演出だ。
そういえば、ゼロの頭部って、シルエットにするとレオにも似てるかも?・・・。

ちなみに、ゼロがつけていたテクターギア・ゼロというプロテクターは
ヨロイの類じゃなくて、大リーグボール養成ギプスみたいな特訓アイティムのようだ。
セブンレオにも厳しかったが、我が子には更に厳しいようだ・・・。
でも、なんかコレをつけてた方がカッコ良いよネ・・・。

しかし、ゼロが出現したことで、誰が主役なのか分からなくなってきた。
一応、ウルトラギャラクシー大怪獣バトルレイが主役だと思っていたのだが・・・。
ただ、最終的にレイゼロ変身するという展開も考えられるんじゃないかな?。
名前からいえば・・・、レイゼロ だもんね・・・。 
それに、セブン親子2代怪獣使いということにもなるし・・・。
ただ、レイブラッドに変身するレイを、わざわざウルトラマンにする必要はないかな?。

そして、もう1つの注目はダイナの参戦だ。
顔出し程度かと思いきや、そこそこ出番があるようだ。
つるの剛士サンもピチピチになった隊員服に身を包んで頑張っている。
なんか、アクションシーンもあるらしいぞ。
まぁ、超ウルトラ8兄弟くらいの出番があるかは疑問だが・・・。

あと、コスチュームでいったら、オヤジ的にはミライの衣装も気になる。
これって、ウルトラマンタロウ第33話ウルトラ兄弟が地球に来た時に着てたヤツ?。
少しデザインが違うようだが、たしかこんな感じの服だったよネ。
なんか、メチャメチャ懐かしい。 しかも、マニアック!!。
ミライもコレを着てこそ、一人前のウルトラ兄弟って感じがする。

0909300102.jpg 

あと、登場する怪獣&宇宙人も気になるところ。
登場する怪獣&宇宙人100体を超えるなんて話も聞いている。
まぁ、他で使っていた着ぐるみが殆んどだが、これだけ並ぶと爽快だ。
そんな中、ベムラーアギラなど新たに復活した怪獣も何匹かいる。
とくに、セブンカプセル怪獣だったアギラの復活は嬉しい。
すでにメビウスで復活しているミクラス&ウインダムと一緒に並んだアギラ
オヤジにとって、このスリーショットは感動モノだ!!。

あと、怪獣ではないが、マックスの姿もみることができた。
平成ウルトラマンの中で唯一、劇場版に縁がなかったマックス
やっと、スクリーンデビュー出来るようだ。
といっても、ベリアルに簡単にやられるウルトラ戦士の1人みたい・・・。
見せ場なしのヤラレ役・・・というか、エキストラ状態・・・。
もう、ウォーリーを探せ感覚で楽しむしかないな・・・。
ちなみに、今回もゾフィー兄サンは派手にヤラれてしまうそうだ・・・。

さらに、ここに来て、とんでもないサプライズがあった。
MISIAサンが歌う 星のように… という曲が主題歌になるというニュースが・・・。
正直、主題歌のことなんか全く気にしていなかった。
というか、出演するついでに、つるの剛士サンが歌っちゃえばいいと思っていた。
それが、こんな大物アーティストが担当することになるなんてビックリだ!!。

でも、一番肝心なのは映像。 か~な~り出来が良いよネ!!。
今までの円谷作品は、精巧に作ったジオラマの中で撮影することにこだわっていたが、
この映像を見ると、殆んどがグリーンバックで撮影して、CGの背景を組み合わせたモノだ。
そのため、ワイヤーアクションもやりやすくなり、多用している。
映像のクオリティーは下手なハリウッド映画より上かもしれない。
ワーナー・ブラザース配給ということで、技術機材提供も受けているのかな?。
というより、アメリカスタジオで撮影してたりして?・・・。
しかし、予算時間にゆとりがないテレビ番組でもこの方法が使えるとは思えない。
それに、独特の重量感臨場感など、円谷の伝統的な撮影方法ならではの良さもある。
今後、どのような作品を作っていくつもりなのか・・・、円谷の動向も気になるところだ・・・。

ということで、何かと話題には事欠かない作品なのだが、
こうなると、今度は詰め込み過ぎて収拾がつかなくなることが心配になってくる。
もう、オールライダー対大ショッカー以上の詰め込み方になっているような・・・。
でも、ウルトラマン劇場版は時間が長いから、これくらいなら十分に対応できるかな?。

でもって、12月12日には仮面ライダー劇場版も公開される。 
多分、今まで意図的に公開時期がずらされてきた2大特撮ヒーロー
しかし、今年の年末は同時公開のガチンコ勝負!!。
まぁ、興業成績映画の価値を決めるとは思わないが、ヤッパリこの勝負は気になる。
最近、他の映画の赤字仮面ライダーで埋めるような経営をしている東映
そんな東映お灸をすえる意味でも、今回はウルトラマンに頑張ってもらいたい!!。
それに、これだけ力を注いでおいて負けたら、円谷のダメージも大きいんじゃないかな?。

そのためにも、重要なのが宣伝方法だ。
ちなみに、この特別映像がお披露目されたのは、
ウルトラマン関係のイベントではなく、つるの剛士サンCD記念イベントだった。
こういうやり方で、ウルトラマンのファン以外を取り込むのは有効な手段と言えるだろう。

それと、10月1日より毎週木曜日17:30から
テレビ東京でウルトラギャラクシー大怪獣バトル再放送されることになった。
全国放送ではないが、それでも全く放送がないよりは良い!!。
でも、怪獣主役の番組に、今時の子供が食いつくかな?・・・。

まぁ、今ある情報からみて、ウルトラ銀河伝説のほうが出来は良いだろう。
ただ、出来の良い作品ならば、興業成績も良くなるというわけでもない。
レスキューフォースも全国ネットで放送されていなかったためか、
あれだけ出来が良い作品なのに、劇場版赤字興業になってしまった。
まぁ、ネームバリューがあるウルトラマンなら、赤字はないと思うけど・・・。

というか、超ウルトラ8兄弟だって、興業成績はそこそこ良かった。
それに、ディケイドの酷い最終回を観て、仮面ライダーファン離れも激しい。
たしかに、ウルトラ銀河伝説にとって、追い風となる材料も多い。
ただ、現在放送されている仮面ライダーダブルはそこそこ好評だし、
子供が選ぶとなれば、やっぱり仮面ライダーのほうが有利な気がしてならない・・・。


スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://a548859067.blog44.fc2.com/tb.php/168-8ef27b2b



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。