戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

けいおん! 最終回 

けいおん! 最終回 「軽音!」。

一応、最終回なので、リアルタイムで観ることにした。
ということで、気合いを入れてテレビの前で待っていたら・・・、
いきなり、むぎチャン眉毛ネタ・・・。
なにも、最終回の冒頭で今更のようにやらなくても・・・。
さらに、むぎチャン衣装選びでも大活躍。
もう、先生が持ってくるモノは何でも着ちゃうって感じだ。

しかし、最終回といえば、主人公を中心に話が進んでいくのが普通。
なのに、唯チャン風邪でダウンしていて、
どちらかと言えば、周りのみんなに主人公が引っ張られていくような展開だった。
というか、下手をすれば主人公の唯チャンより目立っていたキャラも・・・。
ただ、律チャンだけは?・・・、まぁ、前回メインだったから・・・。

0906250101.jpg 

ということで、前半は完全に憂チャンがメインだったような・・・。
しかし、替え玉作戦にはすっかり騙された。
言われてみれば、挙動不審だったし、
声も違うし、憂チャンらしい表情もチラホラ見せていたような・・・。
でも、性格が全然違うから、今まで気が付かなかったけど、
おろして、制服のリボンを変えたら、たしかに見分けがつかないかも・・・。
というか、同級生のあずニャンさえも騙されてるし・・・。
まぁ、演奏の違和感はともかく、みんなの呼び方でバレたかな?。
先生憂チャンのほうがオッパイが大きいと言っていたが、それは・・・。
そういえば、澪チャンあずニャンの違いも同じようなこと言ってたな。
しかし、高校生の口からあずさ2号は出てこないだろう、普通・・・。
というか、練習を代わっても意味ないような・・・。
ついでに、風邪はうつしても早く治るわけじゃないし・・・、しかも、口移しって・・・。
憂チャンはシッカリしているようで、追いつめられると凄いボケをかますことがある。
なんやかんや言っても、唯チャンなんだな・・・。

しかし、恐るべし平沢家のDNA・・・、ここにも天才が・・・。
この姉妹が幼い頃からピアノでもやっていたら、スゴいことになっていたに違いない。
というか、
教則本
なんか絶対に読みそうもない唯チャンが、
なぜギターを弾けるようになったのか、ようやくその真相が判明した。
教えていたのは憂チャンだったか・・・、凄く説得力があるタネ明かしだった・・・。 
でも、なんで憂チャンって軽音部に入らないんだろう?。

あと、子供の頃の和チャンというサービスショットもあった。
和チャンって、小さい頃はメガネしてなかったんだね。
でも、この状況でザリガニの話を思い出すというのも凄い。
というか、澪チャンをビビらせるためだけのネタって感じもするけど・・・。
なんにせよ、最終回和チャン見せ場まで用意するという姿勢は評価できる。

0906250102.jpg 

そして、5人の演奏に一番こだわっていたあずニャン
文句を言いながらも、すっかり軽音部に馴染んでいるような・・・。
ステージ衣装あずニャンが選んだようなものだし・・・。
しかし、唯チャンに抱きつかれたときの表情は可愛かったなぁ~!!。

で、なんとか風邪は治ったものの、ギー太を家に忘れてきた唯チャン
先生フライングVを貸したところで、ギー太しか弾けないし・・・。
もう、「ピンチ!」というサブタイトルの前回よりも大ピンチ!!。
ということで、ふでペン~ボールペン~が演奏されるなか、
病み上がりにもかかわらず、ギー太を取りに家まで猛ダッシュ!!。
というか、、ふでペン~ボールペン~って曲があったんだ。
第8話でタイトルだけ出てきて、気にはなっていたけど・・・。
そういえば、、第10話合宿で夜中に
唯チャンあずニャンが練習してたのって、この曲のイントロだったんだネ。
みんな唯チャンを心配してか、浮かない表情で演奏しているが、
思い出のフレーズを唯チャンなしで演奏するあずニャンはとくに淋しそうに見えた。
というのは、オレの思い込みかな?・・・。  

 しかし、今回の目玉は演奏シーンのはずなのに、
一番印象に残ったのは、走っている唯チャンの姿かもしれない。
第1話とクロスオーバーさせる演出は、
実に効果的だったし、しみじみとした感じのセリフも上手くハマっていた。
こうして見ると、唯チャンもシッカリ成長している。

0906250103.jpg

で、唯チャンの代わりにギターを弾いていたのは先生だった。
でも、あずニャンはリードの練習もしていたから、別に先生が出なくても・・・。
単純に先生が出たかっただけだったり?・・・。
まぁ、生徒の反応も上々だったし、一気にカミングアウトも出来た。
ただ、無難に助っ人をこなすだけというのは惜しい気が・・・。
たしかに、先生がみんなと演奏する姿は見てみたかったが、
あれだけのキャラが舞台に立つのに、全く笑いのネタにならないのは勿体ない。
正直、行儀良く演奏する先生より、興奮して歯ギターやっちゃう先生が見たい。
下手したら、ダイブだってやりかねないからネ、この先生は・・・。

そして、唯チャンに代わってヴォーカルを務めた澪チャン
今回はやたらとリーダーシップを発揮していた澪チャンだが、
去年の文化祭のトラウマが消えないのか、少し恥ずかしそうに歌う姿が印象的だった。
まぁ、先生の飛び入りというサプライズに隠れてしまった感じもするけど・・・。
でも、そんなシーンもシッカリと描いているのがこの作品の良いところ。
ナニがって良いって、口の動きがなにげにエロい・・・。
そして、なにより澪チャンのチョット恥じらう表情はヤッパリ萌える!!。

で、なんとか間に合った唯チャンだったが、
思わず泣きだし鼻水ダラダラで、顔もグチャグチャ・・・。
もう、最終的にはとなりのトトロメイみたいになっていた・・・。
今まで、いろんなキャラを可愛く泣かせてきたが、
あえて少しブサイク?に描くことで、唯チャンらしさを強調していたと思う。
そして、時間がないのにMCやっちゃうところもスゴい。
「今いるこの講堂が私たちの武道館です」って・・・。
それと、唯チャンだけ制服といのも結果的に良かったと思う。
未完成な魅力ってヤツかな?。 なんか、完璧じゃないほうが落ち着く・・・。
まぁ、急いでいるのに、なんで制服に着替えたのかという疑問もあるが・・・、
いや、唯チャンステージ衣装のまま行こうとしたのを、周りが必死に止めたのかな?。

0906250104.jpg 

そして、ふわふわ時間の演奏シーンも良かった!!。
唯チャンが加わって、みんなふでペン~ボールペン~の時とは表情が違う。
曲調も含め、この辺のギャップ効果は狙い通りといったトコロか?。
さらに、「もう1回~!!」という展開も上手い。
しかも、仕掛けたのがむぎチャンがというトコロが良い。
そして、「軽音!!、大好き~!!」キメゼリフを言っておきながら、
「もう時間切れよ!!」という和チャンのセリフでオチをつけるけいおん!らしい終り方
なんか、最後まで細かい演出にヤラレっぱなしだった感じだ・・・。

しかし、アニメ番組最終回とか観ると
興奮して眠れなくなったりするんだけど、今回は終ったらすぐに寝れた。
良い意味で期待を裏切られたというか、心地よい脱力感に襲われたというか・・・。
なんとも言えない、不思議な感じ最終回だった。
まぁ、番外編がまだ残ってるんだけどネ・・・。



スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://a548859067.blog44.fc2.com/tb.php/138-0154cf69



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。