戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ゴセイジャー epic23 

天装戦隊ゴセイジャー epic23 「燃えろ!ゴセイジャー」

今回はらしくを舞台にしたお話。
なかなかシャレが利いてて面白かったと思う。
しかも、環境問題なんかも取り入れて、内容も意外と濃かった。

1007300101.jpg

で、ハイドを中心に男性陣がイロイロと頑張っていたようだが、
やっぱり、オヤジ的にはゴセイガール水着のほうに目が行ってしまう。
戦隊ヒロイン水着姿って本当に久しぶり
オレの記憶が正しければ、ボウケンイエロー
劇場版の冒頭でビキニ姿を披露したのが最後だったような・・・。

しかも、今回は水着姿囚われの身になっちゃうもんなぁ~。
流石に水着拘束されるとエロ過ぎるせいか、
筒の中というコトになっていたものの、肩のラインだけでも嬉しいよネ。
というか、脱ぎ捨てられただけでも・・・。
トドメにポロリ的大サービス?まで・・・。

1007300102.jpg 

まぁ、実際の露出控え目だった気がするが、シチュエーションエロ全開!!。
なんか、やたら想像力をかきたてられるようなモノになっていた。

そして、もっと想像力を膨らませたいなら、
モネを演じているにわみきほチャンDVDがオススメ。
巷の評判もかなり良いみたいだヨ。
とりあえず、サンプル動画があったので、それを観てもらえれば・・・。

にわみきほ「はじめまして・・・みっきーです in セブ島」[DVD]にわみきほ「はじめまして・・・みっきーです in セブ島」[DVD]
(2010/05/28)
にわみきほ

商品詳細を見る



てな具合に、久々に番組の感想をネタにしたのに、こんな内容で申し訳ない
でも、この辺がオヤジ目線真骨頂だし・・・。
まぁ、劇場版も公開が近づき、エンディングCM仕様になったし、
次回はパワーアップ回みたいだし、そういうトコロにもシッカリ注目してるから・・・。

あと、東映の撮影所がある大泉8/8
第1回 聖地 大泉まつりなどというイベントがあるという情報をキャッチした。
まぁ、いかにも劇場版集客イベントという感じもするけど・・・。
でも、気になると言えば気になる・・・。

1007300103.jpg

スポンサーサイト

夏休みは・・・

いや~、世の中は夏休み!!。
と言っても、オレみたいな貧乏オヤジには夏休みなんか無いけどネ・・・。
でも、世の夏休みに合わせてイベントはイロイロある。
ということで、オヤジだってチョットくらいは楽しんでも良いでしょ!!。
まぁ、それでもイベントで遊べるのは時間的にも予算的にも1日かな?・・・。
観たい映画も多いからネ・・・。

で、とりあえずはガンダムSUPER EXPO 東京2010

1007220101.jpg 

去年ガンダム生誕30周年ということで
実物大ガンダム立像が展示されたお台場で行われたのだが、
仕事のスケジュール調整をしているうちに前売券が完売となり断念せざる得なかった。
池袋サンシャインでやっていた時は欠かさず行っていたのに・・・。
人生最大の汚点と言ったら大袈裟だが、かなりのショックだった。

でも、今年は入場無料に戻ったし、入場制限も無いだろう。
まぁ、今回の会場は東京ドームシティなのだが・・・、
本当はサンシャンのほうが良いけど、お台場よりはマシか・・。

そして、ウルトラマンフェスティバル2010

1007220102.jpg 

今年はウルフェス20周年ということなので、チョット期待している。
ちなみに、7/24(土)15:00からTBSで特別番組も放送される。
まずは、これをチェックしないと・・・。

でもって、ウルフェスの魅力と言えばライブステージ!!。
土日は休めない仕事をしているオレにとっては
キャラクターショーを観ることが出来る貴重な機会になっている。
更に嬉しいのが、ストーリーが冬公開される劇場版とリンクしていること。
これを観たいがために行っちゃうんだよネ、毎年・・・。
まぁ、2部あるステージ両方というワケにはいかないんだけど・・・。

てな具合に、なんやかんやで今年も恒例のパターンになりそうだ。
もちろん、仮面ライダー系イベントにも興味はある。
でも、時間を有効に使うなら、これが鉄板なんだよネ。
まぁ、今年はガンダムSUPER EXPO の会場が東京ドームシティなので、
池袋に移動する前に飯田橋神楽坂にも寄って旨いモノでも食べるかな?。
そういえば、不二家飯田橋神楽坂店限定のペコちゃん焼ってまだあるのかな?。
なんか、思い出したら無性に食べたくなってきた・・・。

W杯 終了

サッカーW杯が無事に終わった
なんか、回を重ねるごとに、TV観戦キツくなってくる。
そりゃあ、1大会ごとに4歳も年をとるワケだから・・・。

それに、今大会は現地で夜やっている試合を観終わると
丁度よく出勤時間になるという、ついつい無理してしまうような微妙な時差
リアルタイムで多くの試合を観戦することが出来るのはありがたいが、体は正直・・・。
そして、今も睡眠のサイクルが戻らず、
仕事から帰ったら眠くなり、1時に寝ても3時に目が覚める・・・。

でもって、日本代表の頑張りもあって、そこそこ世間の話題にもなった今大会
さらに、普通なら日本が負ければ熱が冷めてしまうのだが、
今回は予知能力を持つ?タコのおかげで決勝戦までW杯の話題が尽きなかった。
まぁ、理由はどうであれ、世間から注目されるは良いコトだ。

そして、肝心の試合のほうだが・・・。
フランスイタリアという強豪国がグループリーグ敗退
メッシC・ロナウドルーニーなどのスーパースターが不発
なんか、主役不在地味な大会になってしまったような気もする・・・。

しかし、実は初○○というのがやたら多い大会でもあった。
まずは、スペイン初優勝
ユーロのチャンピオンがそのままW杯でも優勝するのは初めて。
さらに、初戦負けたチームが優勝するのも初めてだ。
ちなみに、前回優勝国がグループリーグで敗退するのは初めて。
そして、主催国がグループリーグで敗退するのも初めてだ。
こんな具合にW杯の歴史が変わる大会でもあった。
そういう意味では、アフリカ大陸で初めて行われるW杯にふさわしい大会だったかな?。

それに、あまり注目されていないカードで良い試合をしていたのも印象的だった。
とくに、アフリカ勢で唯一グループリーグを突破したガーナの試合は全てドラマチックだった。
オレの中では、最も大会を盛り上げたチームだ。

そして、選手で言えば、やっぱりウルグアイフォルランだろう。
チームが4位だったのでMVPはどうかとも思ったが、やはりフォルランだよネ。
ちなみに、4位のチームから大会MVPが選出されるのも初めてだ。

てな具合に、昔からW杯をみているオレにとっては実に興味深い大会となった。
まぁ、審判の誤審などスッキリしないこともあったが、それも含めてサッカーだ。
そして、とりあえず体を壊すようなコトにならなくて良かった。
また、4年後を楽しみに待ちましょう!!。
というか、特撮・アニメブログに戻らないと・・・。
Genre : ブログ ブログ

平成22年6月 月例報告

サッカーW杯TV番組の切り替えが重なってパニック状態!!。
録画予約するだけでも凄いコトに・・・。
ということで、既に終了している番組も7月まで放送があったモノは次回ということで・・・。

≪劇場鑑賞 映画≫
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
10周年というだけあって、地味に古いネタが仕込んであるのが笑えた。
にもかかわらず、劇場には意外と10代の客が多かった。
ネタの半分も理解できないだろうに・・・。
まぁ、ストーリーもシッカリしていたし、泣かせる場面まであったから大丈夫か?。
といっても、泣けるシーンにもチョコチョコと
小ネタを仕込んであるので、オレとしては笑いのほうが勝っちゃうんだけどネ・・・。
そして、泣いてる人の隣だと笑いにくいんだよなぁ~。

仮面ライダーX仮面ライダーX仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー
EPISODE RED ゼロのスタートゥインクル
最近あまり姿を見ない松本若菜チャンをガッツリ見れただけでも価値はあった。
それに、ああいう感じのもどかしい恋愛ストーリーも嫌いじゃない。
でも、電王としてはアリだが、仮面ライダーとしては・・・。
涙腺のゆるいお母さん泣きだすし
その横で辛抱のない子供グズりだすし・・・。
やっぱり、ラストの星空まったりシーン長過ぎるよネ。

EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル
幸太郎主人公のハズなのだが、
高山侑子チャンが演じる美来ほうが目立っていたような・・・。
そんな感じで、イマイチ話のバランスが悪かった気がする。
なんか、出演するならシッカリと働いてもらいましょうみたいな?・・・。
というか、低予算上映時間を延ばすための苦労というヤツかな?。

EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ
3作品に共通して言えることだが、バトル決着後の展開がダラダラし過ぎ!!。
というか、もともと1時間くらいの内容しか無いよネ。
これなら1時間に納めてくれたほうがスッキリする。
とくに、エピソード・レッドから引っ張った新チャーハン対決
企画自体は面白いけど、ラストにやる内容じゃない。
とにかく、前売り価格ならともかく、1800円出して観る作品じゃないと思う。
それでも、興業成績はまずまずだったようで・・・。
これだけオイシイ東映としては続けたいと思うよネ。
でも、小太郎コハナもそう呼ぶには限界がきているような・・・。
小太郎なんか声変わりしてるもんなぁ~。

告白
常々、中島哲也という監督が夢も希望も無い作品を手掛けたら、
さぞかしエグいモノになるだろうと思っていたが、そんな期待を裏切らない内容だった。
いつもの鮮やかな色彩は抑えられていたが、
淡々とした語りをベースに、BGMセリフテンポに変化をつける演出は流石。
原作が持つ衝撃を倍増させていたと思う。
しかし、CM「な~んてネ」というセリフは出さないで欲しかった。
ネタバレにはなっていないが、やはりシメだから・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
ヴァン・ヘルシング
思いっきり詰まった感じで、何度みても面白い映画だ。
なんたって、ドラキュラだけじゃなくて、狼男フランケンシュタインまで出てくるもんな・・・。
でも、小出しにしてシリーズ化したほうが良かったかも・・・。
いや、出し惜しみしないから面白いのかな?。

≪TV鑑賞 番組≫
3代目 明智小五郎 今日も明智が殺される
ミステリーじゃなくて、完全にコメディー
一応、江戸川乱歩小説をストーリーに盛り込んだりもしてるけど・・・。
そして、主役じゃなくても、完全に小池里奈チャンの為の番組だった。
スピンオフDVDまで出しちゃったもんネ。
やっぱり、里奈チャンにはコメディーコスプレが似合うというコトで・・・。

B型H系
とりあえず、人気声優主題歌を含めエロい声を出してくれれば良いという感じだった?。
原作4コマだけに、小ネタにはキレがあったが、
アニメ化するにあたってストーリーにのせてしまうとテンポが悪くなる。
というか、この手のラブシーンにはドキドキ甘酸っぱさを感じなくなってしまった。
まぁ、オレが汚れた大人だからいけないのかな?・・・。

いちばんうしろの大魔王
嫌いなジャンルではないし、イロイロ詰まっていて退屈はしない。
でも、12話で終わらすにはやはり無理があったと思う。
バトルシーンを濃くしてスローテンポにすれば、そこそこ面白いモノになったかも?・・・。
でも、6ヶ月かけてやるような番組でもないかな?。

聖痕のクェイサー
ひたすらオッパイな作品。
でも、それなりに内容も濃かったような・・・。
エロの為のストーリーなのか?。
ストーリーエロな設定を加えていったのか?。
どちらにせよ、絶妙なバランスだった。
続編が出来れば観たいと思える作品だ。

薄桜鬼
新撰組など名ばかりの腐女子御用達アニメだと思ったら、
史実も上手く取り入れた絶妙なストーリーに仕上がっていて驚ろいた。
作者はかなりの新撰組信者のようだ。
セカンド・シーズン函館戦争土方が死ぬまでやるんだろうか?。
とりあえず、セカンド・シーズンも観ることになるだろう。

デュラララ!!
とにかく、池袋の街並みがリアルなのが印象的。
それも、チョット前池袋・・・。
今は無いビルとかを見つけると懐かしい気持にもなった。
そして、背景とは対照的にブッ飛んだストーリー
カラーギャングはともかく、首なしライダー妖刀・・・。
もう、まともなヤツは誰もいない感じ。
そして、上手い具合に絡み合いながらもイマイチな結・・・、
などと思っていたトコロに、サイモン必殺パ~ンチ!!。
この一撃で全てがスッキリした!!。

Angel Beats!
あまりに、カオスな設定世界観に慣れた頃には終わっていた。
でも、意外と深いストーリーには感銘できた。
とにかく、軽いノリの戦線メンバーが現実に送った人生悲惨すぎる。
そのギャップにヤラれてしまった感じだ。
しかし、それを13話で片づけるのは無理があったと思う。

真・恋姫†無双?乙女大乱
三国志ってブームなの?。
なんか、やたら三国志ネタアニメが多くねぇ?。
真・恋姫†無双一騎当千XXSDガンダム三国伝最強武将伝・三国演義
もう、頭の中で話の内容が混ざってワケが分からない状態に・・・。
とくに、真・恋姫†無双真名なる呼び名があるので登場人物が捉えきれない。
まぁ、全部が分からなくても問題は無いと思うが、
なまじ三国志知識があると、誰なのか気になってスルー出来ない・・・。

WORKING!!
なんか、現実離れした世界の話より、
身近にあるモノを題材にした作品のほうが気楽に笑えて楽しめる今日この頃・・・。
この手のアニメを週一くらいで観るとリフレッシュ出来る。
そういう意味では貴重な番組だった。

荒川アンダー ザ ブリッジ
ケロロ軍曹前座として、なんとなく観ていたら最終回になっていた。
この手のナンセンスコメディー守備範囲外のはずなのだが・・・。
でも、絵はキレイなんだよネ、荒川なのに・・・。
あと、あのオープニング曲が頭に残っちゃうんだよな~。
ふと気が付くと、歌ってたりする・・・。

一騎当千 XTREME XECUTOR
画面比の問題もあるので、
完結するのかと思いきや・・・、まだまだヤル気満々って感じ?。
というか、今回から登場した馬超オレ好みのキャラなので続けて欲しい。
回想シーンの扱いに不安はあるが、次シーズン期待したい。

閃光のナイトレイド
満州関東軍原爆・・・、
日本人が避けて通りたい闇の時代を背景にした挑戦的な作品だ。
そして、超能力というフィクション要素を加えても、
葉加瀬太郎サンヴァイオリンを重ねても、そのインパクトは色褪せない。
オレ的には評価するが、観て不愉快に思う団体も多かったはず・・・。
そして、何よりストーリーについていけない視聴者も多かったのでは?。

迷い猫オーバーラン!
とにかく、可愛い女の子3人いればなんとかなるって感じかな?。
しかし、3人のうち2人ツンデレというのは激しい!!。
また、それだけに「にゃあ~」威力倍増なんだよネ・・・。
そして、ストーリーも掴みどころのないブッ飛んだ内容が多かった。
もう、何も考えずに、出てきたモノを全てを受け入れるしかない感じだった。
まぁ、このお手上げ感には視聴者主人公シンクロ率を高める効果があるのは認める。
でも、オジサンは観てて疲れた・・・。

セキレイ
新シーズンの前に再放送というは実に助かる
これで復習もバッチリ!!。
出来れば、ストライクウィッチーズもやって欲しかったのだが・・・。

≪DVD鑑賞 映画≫
ボルト
金欠で観るのをあきらめて、レンタル旧作になるのを待っていた。
やはり、動物の描き方が上手いよネ。
の感じなんかはリアルなのにアニメ・キャラクターとしての可愛さは失わない。
そんなバランス感覚は流石と言うしかない。
ただ、オッサンなのは・・・、まぁ、成犬だからなんだろうけど・・・。
Genre : ブログ ブログ

仮面ライダーOOO 制作発表

9/5よりスタートする仮面ライダーOOO(オーズ)制作発表会見が7/1に行われた。
テレビ朝日も公式サイトをオープン。
いよいよ、新ライダー情報解禁だ。
制作発表会見の翌日にはテレビの情報番組にも取り上げられていた。



で、今回のキーアイティムはメダル
バッタ、ライオン、ゴリラ、チーター、カマキリ、タカ、ゾウ、サイ、カマキリ・・、
怪人の能力を秘めたメダルを手に入れ、そのうち3枚ベルトにセットして変身
メダルの組み合わせにより、さまざまな能力を発揮する。

正直に言うと、をベースにしたデザインは少し安っぽい感じがする。
でも、むしろ売り変身バリエーションの多さ。
そうなると、ひとつひとつに手間もかけられない。
まぁ、たくさん出てくれば中にはアタリもあるだろう。
それに、という色は演出で化けるからネ。
ちなみに、変身バリエーションが多いため、
制作発表では10フォームファッションショー形式でお披露目したんだとか・・・。

そして、物語のテーマは人間の欲望との戦い
人間の欲望を糧にして増えていくメダル
そのメダルを力の源として戦う怪人ライダー
すべてのメダルが集まったとき、怪人は万物の王となるという・・・。
なんか、この不景気に当てつけたような内容だ。

でもって、オーズに変身する火野映司を演じるのは渡部秀クン
今回もイケメン!!、ジュノンボーイコンテストの準グランプリ。
でも、オヤジ的には女性陣のほうが気になるトコロ・・・。
ヒロインの泉比奈を演じるのは高田里穂チャン
他にも有末麻祐子チャン甲斐まり恵チャンといった女性出演者の名前があがっている。

更に主題歌を担当するのは大黒摩季サン
パワフルなヴォーカルがハマるとカッコ良い曲になりそうだよネ。

そして、仮面ライダーダブルのほうも、
最終回に向けて、ますます目が離せない状態になっている。
8/1、8日放送の第45、46話には
獣拳戦隊ゲキレンジャーメレを演じた平田裕香チャンがゲスト出演する。
劇場版もあるし、当面はダブルのほうが気になりそう・・・。

それに、今はサッカーワールドカップで頭が一杯になっているオレ。
惜しくも日本ベスト16どまりだったが、
海外サッカーが好きなオレにとっては、これからが本番
もう、1試合も見逃せない・・・。
とにかくワールドカップが終わるまではサッカー最優先なんで・・・。



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。