戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




仮面ライダーダブル 第27話

仮面ライダーダブル 第27話 「Dが見ていた/透明マジカルレディ」

ついに登場したウェザー・ドーパント
家族の仇と出会い、暴走する
てな具合に、ストーリー的にはひとつのヤマ場を迎えているようだ。

でも、オヤジの注目はゲスト出演の長澤奈央チャン
第21話第22話にはデカレンジャー
デカイエローを演じた木下あゆ美チャンがゲスト出演していたが、
今度はハリケンジャーハリケンブルーを演じた長澤奈央チャンがゲスト出演。

またまた、戦隊ヒロインガイアメモリの餌食に・・・。
と言っても、奈央チャンが演じるリリィ白銀
怪人にはならずに姿を消すだけなので、楽しみにしていたセクシー変身は無し・・・。
でも、美人マジシャンという役ドコロなので衣装自体がセクシー!!。
もう、ウサ耳つけたらバニーだし・・・。
に入る姿を見て、箱ごと持ち帰りたい思ったのはオレだけではないはず・・・。
贅沢を言えば、ここまでやるなら網タイツにして欲しかったかな?。
あと、回想シーンでのセーラー服は少しヤリ過ぎだった気も・・・。

1003270101.jpg 

そして、セクシーコスチュームだけではなく、
ドジっ娘という萌え要素もプラスされ、オタク殺しともいえるキャラに仕上がっていた。
転んだ拍子に翔太郎またがりには抱きつき・・・。
こうなると、羨ましいのを通り越して、
何も起こらないフィリップ気の毒になってくる・・・。

しかし、奈央チャンが演じるリリィ井坂実験台
ということで、例のエロ診察の餌食にも・・・。
といっても、透明という設定なのでエアー・マッサージだけど・・・。
しかし、それにしも井坂手つきエロい!!。
そして、その様子を見て嫉妬の炎を燃やす冴子お姉様・・・。
この2人のエロいカラミもそろそろ見納めなのかな?・・・。

それと、またまた新ガジェットが登場した。
像解析機能と感知機能に特化した探索用のデンデンセンサー
ゴーグルにも変形して、動く姿も可愛い
でも、デンデンだけ英語じゃないのがなんだかモヤモヤする・・・。

1003270102.jpg 

そして、バトルではとにかくウェザー・ドーパント強さが際立っていた。
危険を覚悟でツインマキシマムを発動するダブルだが、失敗するのは確実。
というか、いかにも新フォーム前フリだよネ。
まぁ、今後の展開に上手くつながるコトを期待しよう。




スポンサーサイト

仮面ライダーダブル 第26話

仮面ライダーダブル 第26話 「Pの遊戯/亜樹子オン・ザ・ラン」

今回は亜樹子がメインの話。
ヒロインがメインならば、そこに注目するのが本当なのだが、
ついつい、ここ数週間つづいている井坂&冴子お姉様カラミに目がいってしまう。

連結画像-2 

子供番組とは思えないエロい雰囲気が漂う2人のやりとり。
Dr.井坂の裏診療室って深夜番組のエロコーナーみたいになっている。
まぁ、ナニかが見えるわけではないんだけどネ。 
なんか、お姉様だけで十分エロい・・・。

そして、今回は若菜姫までもが井坂毒牙に・・・。
次回は井坂ウエザードーパントになるようだが、
このコーナーはお父さん達楽しみとして出来るだけ長く続けてもらいたい!!。

それと、今回から新しいガジェットが登場。
カエルをモチーフにしたフロッグポッド
といっても、差し込むメモリシッポように見える。
カエルになりかけたオタマジャクシみたいで可愛いという声も聞かれるが、
ケロロ軍曹を毎週観ているオレの頭には「ケツバクチク」という言葉が浮かんだ・・・。

で、機能としてはボイスレコーダーというか、ボイスチェンジャーというか・・・。
なんか、探偵業には役立ちそうだけど、戦闘には向かないような・・・。
まぁ、オモチャにはしやすいアイティムだ。
というか、そこが一番重要なのか?・・・。

ちなみに、公式サイトにはフィリップが組み立てる時に
読んでいた制作の手引書なるモノの抜粋が公開されていた。
正直、かなり細かい内容ビックリした。
新聞といい、ダブルに出てくる小道具の印刷物ってスゴいよネ・・・。

連結画像-4 

そして、バトルではサイクロンメタル必殺技が披露された。
登場回数は多いが常にツナギ役だった
サイクロンメタルが遂にドーパントトドメを刺した。
まぁ、今回はドーパント自体が弱かったから、
メモリチェンジする必要がなかったということなのかな?・・・。

まぁ、イロイロと言ってきたけど、なんやかんやで今回のメインは亜樹子だ。
人形ホラーという子供番組としては怖すぎる内容も、
亜樹子変顔&絶叫がクッションになって、適度なホラーコメディになっていた。
これは山本ひかるチャン熱演なくして成立しない。

連結画像-8 

そんな、山本ひかるチャン1st写真集&1stDVDが発売になった。
悪い噂もあって、人気イマイチな気がするひかるチャン
でも、とりあえず販売イベントには多くのファンが集まったようだ。
女装したフィリップのほうが可愛いなどという声も
チラホラと耳にするけど、人の好みはそれぞれというコト・・・。
というか、誰からも好かれるというのは難しい。
それに、なんかがある娘ってバッシングを浴びやすいよネ。
ちなみに、オレもひかるチャンは可愛いと思うけど・・・。

ひかる―山本ひかる1st写真集ひかる―山本ひかる1st写真集
(2010/01)
長野 博文

商品詳細を見る
山本ひかるファーストDVD Sweetness山本ひかるファーストDVD Sweetness
(2010/02/24)
山本ひかる

商品詳細を見る

まぁ、ダブルヒロインとしてはシッカリと仕事をしていると思う。
というか、ダブルヒロインに求められているのは見た目ではない。
ハードボイルドというテーマを掲げている以上
必然的に出てくる重いストーリーを吹き飛ばす圧倒的な明るさ最重要
例に挙げるなら、MISONOのようなウザ可愛いさだ。
その点、ひかるチャン演技ピカイチ
でも、そういうキャラ苦手という人も多いから、 更にバッシングが増えているのかも・・・。



超・電王トリロジー 公式サイト OPEN

仮面ライダー電王劇場版第5弾が公開される。
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー
と言っても、みなさん既に御存じでしょうけど・・・。

1003070101.jpg 

で、三部作を意味するトリロジーというタイトル通りの3本構成
5/22公開の第1弾はゼロノスが主役のエピソードレッド
6/5公開の第2弾はNEW電王が主役のエピソードブルー
6/19公開の第3弾はディエンドが主役のエピソードイエロー
2週間おき3本連続で公開するという、映画界初の興行形態。

公式サイトもオープンされ、そのなかでは特報映像も公開。
東映HPではストーリーもチョットだけ紹介されている。

しかし、観る側としてはなんとも迷惑な作品だ。
3本連続というのはハッキリ言ってキツい
金銭的にはモチロン、劇場に行く時間がもったいない。
6/19以降は、3作品を同時上映する劇場も出てくるということだが、
確実とは言えないし、早く観たいし、入場特典ガンバラドカードも欲しい。
って、結局のところ全部みる気満々だけど・・・。

まぁ、救いがあるとすれば前売券が発売されること。
チョット高くなるけど、DVD&ミニパンフBOX付き3枚綴り前売券は魅力的だネ。

しかし、電王もコレが最後だからって、不評を承知で無茶するよなぁ~。
中身も最後だからって、やっつけ仕事になってなきゃいいけど・・・。

平成22年2月 月例報告

平成22年2月 月例報告

2月テレビ放送された映画をやたら観てしまった。
普通なら月に1~2本くらいなんだけど、今月は6本!!。
正月でも夏休みでもないのに、観たいモノが続いたよなぁ・・・。 

≪劇場鑑賞 映画≫
涼宮ハルヒの消失
いや~、しかし混んでたなぁ~!!。
しかも、上映時間長い!!。
我慢出来ずにトイレに行く奴が多いこと多いこと・・・。
生理現象だから仕方無いけど、軽く2ケタ扉が開くのには流石にムカついた
でも、内容は納得だったネ。
まぁ、テレビ版を観てないとストーリーに全くついていけないと思うけど・・・。
知らないで観たヤツや付き合いで来たヤツは30分でパニックになったはず・・・。
しかし、ハルヒキャラは画面が大きくなると萌え度パワーアップするネ。
アップで写し出される女性キャラクター
細やかな仕草表情を見て、思わず声が出たりのけぞったり・・・。
この辺はモチロン計算されているんだろうな・・・。
正直な話、この手のキャラ萌えが売りの作品を
大きなスクリーンで観る価値があるのか疑問だったが、完全に取り越し苦労だった。
恐るべし京都アニメーション!!。
けいおん!劇場版なんか出来たら、オレは劇場失神するかもしれない・・・。

コララインとボタンの魔女
期待どおりのキモカワいさだった。
しかし、チョット気になったコトが・・・。
なんか、いろんな面で千と千尋の神隠しに似た要素があるんだけど・・・。
やっぱり、影響うけてるのかなぁ?・・・、
千と千尋の神隠しアカデミー受賞作品だから、
海外作品影響を与えても、なんら不思議は無いけどネ。
まぁ、オレの思い過ごしかな?・・・。
ちなみに、吹き替え版しか無くて仕方なく観たんだけど、
魔女の声を担当した戸田恵子サンがすごくハマっていて感動してしまった。
流石、マチルダさん!!。
でも、3D2000円もとられたのは痛かった。
ファーストデイ・サービスなら2本観れちゃうもんな・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
崖の上のポニョ
やっと、宮崎アニメ本来の姿を取り戻したと感じる作品だった。
やはり、手描きに戻したことが良かったと思う。
でも、手描きの限界というのもあるんだよネ。
劇場でも観たけど、やはりスクリーンが大きすぎると物足りない感じもあった。
でも、テレビで観れば、そんな感じは全くしない。
どちらかと言えば、DVD向きの作品なのかも?・・・。
まぁ、ナウシカトトロを越えたとまではいかないが、それに並ぶ作品だ。

トロイ
本当は恐ろしいグリム童話じゃなくて本当はエロいギリシャ神話という感じ?。
戦いウラ側にあるドロドロの愛憎劇豪華キャストが演じている。
でも、逆に木馬アキレスの死については
後はご存知のとおりですって感じでアッサリ済まされていた。
それでも、ハリウッド映画戦闘シーンは凄い。
やっぱり、劇場で観たかった・・・。 

ルパン三世 the Last Job
今回のルパン面白かった
20年におよぶシリーズの集大成として制作されたと言うだけのことはある。
コミカル&スピーディールパンらしさが最大限に発揮されていた。
忍者強盗集団が相手ということでバトルシーンも充実。
銭形の出番が少ないのは淋しかったが、
代わりに銭形みたいにしつこい忍犬が頑張ってたもんネ。
しかし、the Last Job という
意味深なタイトルにも関わらず、終りを感じさせる要素はまるで無かった。
というか、まだまだルパンは終わらないよネ?。

ハンサム★スーツ
DVDが出たら観ようと思っていて、完全に忘れていた
オチは早い段階で分かってしまうが、
その分をゲスト出演者小ネタで上手くカバーしてラストまでもたせていた。
でも、不細工な主人公がハンサム生活を楽しんでいるというよりも、
谷原章介サンブサイクな行動を楽しんで演じているという印象のほうが強いような・・・。

ロスト・ワールド
CGの未来を切り開いたジュラシック・パーク続編
技術は格段にアップしているけど、前作のほうが好きかも・・・。
というか、テレビだとねぇ・・・、劇場の迫力を知っていると・・・。

風の谷のナウシカ
しかし、何度観ても飽きないな、コレは・・・。
ポニョナウシカの前では色褪せる。 ポニョ放送が先で良かった。
そえいえば、今回は提供バック
安田成美サン♪風の谷の~、ナウ~シカ~♪ってが流れなかったな・・・。

Genre : ブログ ブログ



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR