戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

仮面ライダーダブル 第19話

仮面ライダーダブル 第19話 「Iが止まらない/奴の名はアクセル」。

遂にアクセルが登場!!。
変身する照井竜はいかにもデキる感じのエリート刑事
しかも、若いのに警視で風都警察署が新しく立ち上げた
ドーパントの犯罪を専門に扱う超常犯罪捜査課というセクションの課長
いつも翔太郎とつるんでいる刃野&真倉
超常犯罪捜査課に配属され、は2人の直属上司にあたる。 
まぁ、これで2人とも出番が増えるかも・・・。

演じるのは木ノ本嶺浩クン
で、ハーフボイルド翔太郎とは対照的に、
完璧なハードボイルドを演じることになってしまった木ノ本クン
でも、ライダー大戦2010吉川晃司サンの演技を見ちゃうと・・・。
やはり、まだまだ青いとしか言いようがない・・・。
まぁ、吉川サンと比べるのも可哀想だけどネ。
そういう意味では、違うキャラのほうが良かったような気もするが・・・。

1001300101.jpg 

そして、キャスティングでいえばゲスト出演大沢逸美サンにも驚いた。
なんか、最近ゲスト出演者が贅沢になっているような・・・。
まぁ、いかにも容疑者として扱われているけど、どう見ても真犯人は・・・。

それにしても、メモリ武器だけ先渡しというのも珍しいパターンだよネ。
というか、あんな重いエンジンブレードだけ渡してどうしろと?・・・。
で、ついに完成したアクセルドライバーを手にした

しかし、ドライバーを渡したシュラウドという謎の女のほうが気になる。
女囚さそりのような帽子&コート口裂け女のようなマスクと更にサングラス
もう、誰だか分からないように完全防備の服装・・・。
というか、第1話おやっさん同様、キャスティングが決まってないからだよネ。

1001300102.jpg 

やはり、ガイアメモリを扱っているということは園崎家と関係があるのかな?。
というか、フィリップのの母親だったり?・・・。
それに、タブルドライバースカルドライバーを造ったのも・・・。
だって、アタッシュケースダブルドライバーが入っていたのと同じような・・・。
そうなると、おやっさんフィリップの救出を依頼したのも・・・。

なんか、夏の劇場版では物語のカギを握る人物になりそうな・・・。
いや、もしかするとライダー変身してしまうかも?。
女性ライダーおっさんライダーも既出だから、次はオバさんライダーか?・・・。

そして、CM明けはアクセル一色!!。
溜めの効いた変身コールエキゾースト音
なんか、昭和ライダーが頭をよぎるのはオヤジだからだろうか?・・・。

1001300103.jpg 

そして、エンジンブレイドで斬りかかり、
一気にエンジンメモリまで使っちゃう大サービス
さらに、逃げるドーパントバイクフォームに変身して追跡。
まるで、映画化が噂される電人ザボーガーのよう・・・。
しまいにゃ、マキシマムドライブ発動ライダーキックまで披露。
ローリングソバットレッグラリアートの中間くらいの珍しいキックだよネ。
そして、「絶望がオマエのゴールだ」というキメゼリフはまさにハードボイルド

1001300104.jpg 

もう、まったく出し惜しみをしない展開に少し面食らった感じ・・・。
いきなりアクセル全開とベタなオヤジギャグを思わず口にしてしまった。
「オレはいずれ仮面ライダーになる男だ」
なんてセリフがあるくらいだから、見せ場次回でもいいような・・・。
最初からこんなに飛ばして大丈夫なのか?・・・。
でも、アクセル攻撃バリエーションが豊富みたいだ。
エンジンブレードだけで4種類の剣技があるらしい。
そして、いつかはバイクフォームダブルが乗るような展開も・・・。

..
スポンサーサイト

シンケンジャー 第四十七幕

侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕 「絆」 。

シンケンジャーも残りわずか。
最終決戦を前にして、今回は人間関係整理という感じだったかな?。
回想シーンを多用して撮影の負担を軽減しつつ、
それでも手抜きを感じさせず、話の流れも切らずにやってしまうトコロが凄い!!。
本当に年明けからノンストップ最終回までいっちゃうネ。

まぁ、今回は殿家臣を取り戻すというのがメイン。
そんな中でも、シンケンジャー笑いを支えてきた流之介&黒子の存在が光った。
で、黒子を代表して第七幕流之介舵木折神を釣り上げた朔太郎が再登場。
こんな終盤にきて、なんて贅沢なキャスティングなんだろう。
そして、それに応えるように朔太郎が良い仕事をする。
流之介の説得はモチロンのこと、ハリセンを差し出すタイミングも絶妙だった。

1001260101.jpg 

そして、殿と激しい戦いを繰り広げてきた十臓が遂に天に召された。
殿の渾身の一撃にも再び立ち上がった十臓だったが、
裏正に宿った妻の魂に足止めされ、炎の中に散っていった・・・。
最後は裏正が光に包まれて消えていったし、夫婦仲良く成仏したと考えて良いのかな?。

1001260102.jpg 

まぁ、十臓最後については賛否両論あると思う。
でも、外道のまま闘いの末に死んでいったら意味が無いし・・・。
それに、最後は人間体でということもあっただろう。
唐橋充クン気迫の演技を数多く見せてくれたもんネ。

で、炎の中から殿を救い出した家臣達
朔太郎の言葉で迷いが無くなった流之介にも見せ場が・・・。
を斬り裂いた一太刀はカッコ良かったねぇ~。
でも、いきなり「司馬丈瑠!!」殿呼び捨てにしたのは笑っちゃったな。
あと、千明が殴りかかったのを反射的に避けてしまう殿にもネ。
そして、家臣の思いを知った殿の目からはがこぼれる・・・。
まぁ、ベタな青春ドラマのような展開も粋な演出で上手く仕上げていたと思う。

1001260103.jpg 

それにしても、は良い娘だよネ。
殿家臣もシッカリ受け入れて・・・、さすが、本物の当主といった感じ。 
若いのに人間が出来過ぎている。 というか、殿よりも絶対に人間出来てるって・・・。
そして、そんなお供を買って出る源太男前だった。

そして、もう1つ決着をつけなければならない対決が・・・。
茉子vs薄皮太夫の女の闘いは茉子の勝利?。
いや、太夫はわざとピンクに斬られ、百年の未練がこもった三味線を手放す。
これにより一気に三途の川増水。 そして、ドウコク復活!!。

1001260104.jpg 

ということで、次回はドウコクとの対決
がどうなるか心配・・・、と思ったら、無事みたい・・・。
だって、公式HP次回予告で手当てされて殿と話している画像が出てるもん・・・。
というか、テレビ雑誌児童書ならともかく、
公式HPネタバレうかつ過ぎるんじゃないか。
というか、もっと他に出さなきゃいけないシーンがあるだろう!!。

でも、ドウコク復活って、なにげに茉子のせいだよネ・・・。
思いっきり地雷を踏んじゃった感じの茉子・・・。
で、そんな茉子を演じている高梨臨チャン
1/28発売のヤングジャンプ巻末グラビアに登場する。
どんな内容かは不明だが、ファースト写真集の出来が良かっただけに期待大!!。

ちなみに、臨チャンファーストDVD買っちゃった。
販促用のダイジェスト映像を見て、
絶対に買うと決めつつも、金欠正月になってしまった・・・。
でも、評判どおりの出来に大満足。 コレはオススメ!!。
まぁ、シンケンジャー露出が少なくて、お預けを喰らっていたせいもあると思うけど・・・。 


高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』
(2009/10/21)
高梨臨

商品詳細を見る

ハッキリ言って、はそれほどないが、ラインは絶品だ!!。
それに、初DVD戸惑いを見せながら、チョットした大人の色気を匂わせる。
そんな、微妙な表情はこの1枚でしか楽しめないと思うぞ。
オッパイ星人じゃなくて、ホクロが気にならない人には満足してもらえるハズだ。


仮面ライダーダブル 第18話

仮面ライダーダブル 第18話 「さらばNよ/友は風と共に」。

実は翔太郎に負けないくらい風都を愛している霧彦
風都を愛する者同士ということで、二人に妙な友情が芽生え始める。

しかし、自分がナスカメモリ実験台が近いことを知らされ・・・。
やはり、園崎家の一員として認められてはいなかった悲しい婿養子
さらに、飼い猫のミックに追い立てられる。
まるで、婿養子の存在などペット以下とでも言いたげな・・・。
でも、嫌われている思っていた小姑(若菜姫)に助けられたり・・・。
最後に園崎家の全員とからめるようなストーリーに仕上げてあるトコロは流石だネ。

1001230101.jpg 

で、同じようにバードメモリの実験台にされたを救うことを決めた霧彦
ということで、ナスカ最後のバトルはダブルとの対決ではなく共闘
CG処理が少々雑な部分もあったが、見応えのある空中戦だった。
とくに、ハードタービュラーへの換装シーンはカッコ良い。
そして、バットショットがスコープになるというのも良いアイデアだった。

1001230102.jpg 

で、最後は愛するの手にかかって、愛する風都の風に消えた霧彦
愛の逃避行を提案していたが、覚悟はできていたような良い表情で消えていった。
しかし、なにげにカット割CG処理も手間がかかってるよネ、このシーン。
まぁ、これで空中戦CGが少し雑だったのも帳消しということで・・・。
それにしても、新聞にそれらしいコメントをしてしまう冴子お姉様は恐ろしい。
というか、この新聞小道具にしては出来過ぎ!!。

そして、小道具といえばふうとくん!!。
霧彦が小学生の頃デサインしたという設定は素晴らしい。
そして、翔太郎に託されたはふうとくんキーホルダー
これからも風都を愛した霧彦の象徴として存在感を発揮してくれるのかも?・・・。

1001230103.jpg 

ちなみに、このキーホルダーって一番くじの景品だよネ。
マニアックな一品だと思っていたが、小道具として使われているとは・・・。
ちなみに、オレもこのキーホルダー持っているんだよネ。
正直に言うと、引き当てた時は確かに笑えたけど、使うのは抵抗があった。
でも、今回の放送を観て、使うなら今しかないという気がしてきた。
ということで、仕事用のカバンに早速つけてみた。
ふうとくんだけだとキツいけど、ダブルと一緒なら大丈夫だよネ?。

てな具合で、霧彦の最後にふさわしい出来だった今回。
制作スタッフにも愛されたキャラだったのが伝わってくる。
ここまで丁寧に扱ってもらえるなら、終了間際にバタバタ死んでいくより全然いい。
そんな霧彦を体当たりで演じてくれた君沢ユウキ君、本当にお疲れさまでした!!。
いきなりの全裸をはじめ、イロイロとやらされたもんネ・・・。
で、そんな君沢クンの姿をこれからも見たいという人は
エンゼルバンクというドラマにチョイ役だけどレギュラー出演しているでそちらをどうぞ。

..

正月は・・・

今さらという感じなんだけど、正月の話をしようかと・・・。
とにかく、なんだかイロイロと慌ただしかった
そもそも、大晦日をダラダラ過ごしてしまったのが間違えだったのかも・・・。

ということで、元旦から買い出しをすることになってしまったオレ・・・。
セブンイレブン仮面ライダー・スタンプラリーをやりながら地元をウロウロ・・・。
すると、とある電気店でケロロ軍曹DVD-Rを発見!!。

1001190101.jpg 

一瞬、欲しいと思ったが・・・。
でも、コレって字を書くスペースが無い・・・。
10枚ならともかく、50枚となると・・・。
我に返り、急激に購買意欲が低下・・・。
危なく、元旦から使えないモノを買うトコロだった・・・。

あと、今年もおみぐじの代りに一番くじを引いたけど、結果は惨敗・・・。
4回引いて、ダブルロングタオル
電王ハードパスケースダブル&風都くんキーホルダー・・・。
でも、ドリンクについているツインフィギュア全種類そろえることが出来た。

で、セブンイレブンで買った食料で昼食を済ませ、
よく行くT・ジョイ大泉という東映大泉撮影場に併設されたシネコンへ向かう。
ファーストデイ・サービスとして1000円で観れるということで、
カールじいさんの空飛ぶ家アバターのだめカンタービレ、気合いで3本も鑑賞。
でも、観終わって家に帰りついたのは午前2時過ぎ・・・。
夕食も映画と映画の間の時間を利用して、向かいあるロッテリアで済ませてしまった。
こんな具合に、まったく正月らしいことをせずに1日が終わってしまう・・・。

しかも、映画を観たせいか、興奮して眠れない・・・。
で、パソコンに向かってアレコレやるうちに、とあるネットゲームにハマってしまった・・・。
知ってるかな?、gummy というゲームサイト・・・。

1001190102.jpg 

まぁ、イロイロなゲームがあるのだが、
なかでも、愛ペットというペット育成ゲームがオススメ。
とにかく、ペットがリアルで可愛い!!。
もう、観ているだけで癒される。
てな具合でやってるうちに、気が付くと空が明るくなっていた・・・。

まぁ、そこからでも寝れば良いものを
毎年1月2日には銭湯朝風呂に入ると決めているオレ・・・。
結局、一睡もせずに銭湯へ行き入浴
そして、風呂から帰ってから昼食で今年はじめてを口にした。

で、さすがに昼食後は昼寝をしたものの、4時には起きて、
逢沢りなチャンがヒロインに大抜擢された柳生武芸帳7時間リアルタイムで鑑賞。
こうして、2日も終わってしまう・・・。

1001190103.jpg 

で、3日早朝6時から起きて、お年玉!ニチアサキッズを鑑賞。
三が日からスーパー戦隊&仮面ライダーが観れるのは嬉しい。
でも、朝6時から特番をやるというのはだよネ・・・。
あと、不景気のせいかプレゼントもショボかったような・・・。

その後、自転車で15分ほど走り、とあるゲームセンターへ・・・。
ケロロ軍曹西澤タワーのモデルとなった
スカイタワー西東京の向かいあるパチンコ屋に併設されたゲームセンター
ということで、せっかくだからスカイタワー西東京写メをパチリ!!。

1001190104.jpg 

で、なぜ、わざわざ遠くのゲームセンターまで行くかといえば、
ここにガンバライドが設置されているという情報を手に入れたからだ。
そりゃあ、近所のスーパーにもガンバライドはある。
でも、いい年こいたオヤジが1人でやっていると、
買い物をしているオバチャン達冷たい視線が集まるんだよネ・・・。

ということで、わざわざ遠出をしてガンバライドを30回くらいやったかな?・・・。
とりあえず、ライダー大戦2010でもらったトリプルエクストリーム
セブンイレブン仮面ライダー・スタンプラリーでもらったファングジョーカーも使ってみた。
そして、狙うはシャドウムーンレアカード
でも、残念ながら・・・、なぜかZXばかり出てくるんだよな・・・。

そして、夕方からは別居している弟夫婦が訪ねて来て、家族そろって食事会
正直、気乗りはしないのだが・・・、まぁ、これくらいは付き合わないと・・・。

で、も飲んだからコレで寝ればいいのに、
深夜に山本裕典クン杉本有美チャンが出ているしぇいけんBABY!を観てしまう。
しかし、杉本有美チャンキスシーンは衝撃的だった。
一気に酔いも覚めたもんな・・・。

1001190105.jpg 

そして、正月休み最後となる4日ガンバライドクエストへ行ってきた。
寝坊して出遅れたせいか、かなり並ぶことになってしまったが・・・。
まぁ、目的のダイスオーは出来たので良しとしよう!!。

そして、5日からは仕事・・・。
かえって、仕事が始まってからのほうが落ち着くかと思えば、そうでもない。
年末ほどの仕事量は無いが、連休の関係で休みがとんだりしてバタバタ・・・。

それに、仕事始めと同時に新番組も始まりだした。
今年は早い段階で通常の番組表に戻ったよネ。
どの局も不景気正月番組を制作する予算が無いのかな?・・・。、

とにかく、気になったモノを全て観るというのはかなりキツイ
なかでも、負担になっているのは
恐ろしいくらい特撮関係者が出演しているフジテレビの昼ドラ、インディゴの夜
30分番組毎日だと大変。 だからといって、まとめて観るのは更に大変・・・。
でも、そこそこ面白いんだよネ、これが・・・。

1001190106.jpg 

そんなこんなで、18日休みがとれたことで、やっと落ち着いた感じ。
こうして振り返ると、恐ろしいくらいハード正月休みだった・・・。
まぁ、テレビ鑑賞の時間も多いけど、
オヤジにはボ~ッとしている時間が必要不可欠なのだと思い知った。

もちろん、去年のコトなど振り返る気力は無い!!。
そして、正月休みにやろうと思っていたアレコレは全て保留
新しい携帯電話の音楽ファイル作製に、
パソコンのデータ整理、DVDのラベル貼り etc. ・・・。
そして、このブログも少しは変えようと思ったのになぁ・・・。
Genre : ブログ ブログ

シンケンジャー 四十五幕

侍戦隊シンケンジャー 四十五幕 「影武者」。

本物の志葉家十八代目当主が登場して、大混乱のシンケンジャー
そして、遂に志葉家真実が語られた。
といっても、随分前からネタバレしてたけどネ・・・。

で、先代レッドを演じたのはメガレンジャーメガブルー
ハリケンジャーシュリケンジャーを担当していた松風雅也サン。 
そういえば、劇場版初代レッドを演じた
合田雅吏サンオーレンジャーの時はブルーだった。
また、レッドなのに元ブルー・・・、狙ってやっているのだろうか?・・・。

それに、薄皮太夫朴璐美サンに続き、声優さん顔出し・・・、
というか、ゴーオンジャーあたりから、声優さん顔出し企画が多いような・・・。
まぁ、二枚目だから、だけじゃもったいないもんネ。

1001150101.jpg 

しかし、殿(まだこう呼んで良いのか?)の土下座はビックリした。
黙って消えても、別に問題ないキャラだと思うのだが・・・。
でも、コレが男のケジメという感じで意外とカッコ良かったりする。
さらに、家臣達の困惑の色も濃くなり、正に一石二鳥の演出だった。

でもって、本物のも悪い娘ではないようで・・・。
必至に封印の文字を修得するなんて、なんか健気じゃない?。
だからこそ、家臣達も邪険には出来ない。
それに、外道衆から人々を守るのが最重要。
そんな、がんじがらめな設定が素晴らしい。

そして、夏居瑠奈チャンもシッカリとを演じていた。
放送開始当初殿を参考にしたのか、なかなか良いキャラに仕上がっている。
しかし、変身シーンは勝手が違うようで・・・。
こなれた4人と並んで変身すると、どうしてもが見えてしまう。
というか、ショドウフォンという変身アイティムは手が小さい女の子には扱いにくそうだ。
それに、急な話で慣れる時間もなかったようだし・・・。
だけアップで別撮りという手もあったと思うが・・・、
でも、そういう甘えを許さないのが、東映特撮ヒーロー伝統だったりする。

1001150102.jpg 

そして、バトルでもらしい演出が随所にみられた。
というか、そういう演出をしないと、見た目じゃ殿との区別がつきにくい。
まぁ、シンケンマル黒子まかせというのは、少し過保護だと思うが・・・。
あと、殿が先陣を切って敵に向かっていったのとは対照的に、
家臣の後からゆっくりと戦闘に参加する辺りは、本物の貫録を感じさせる上手い演出だ。

で、スーツアクター世界一の女形アクターと言われる蜂須賀祐一サン
忙しいなかスケジュールを裂いて出演してもらったようだ。
たしかに、この役は蜂須賀サンしか考えられないもんな・・・。
相変わらず、とてもとは思えない身のこなしで魅了してくれた。

1001150103.jpg 

でも、烈火大斬刀は男の蜂須賀サンでも重かったようで・・・。
それでも、反動つけたり、持ち手を変えたり、足で蹴り上げたりと、
重さを逆手にとってらしい大斬刀さばきを生みだしてしまうトコロが凄い。
アクションについて言えば、期待以上のモノをみせてもらった。

しかし、問題は巨大戦
やはり、源太がいないのに、サムライハオーを出しちゃ駄目だよネ。
おもちゃ売り上げが気になるのも分かるけど・・・。
たしかに、近所のスーパー行くと、
モウギュウダイオーが売れ残って山積みだもんな・・・。
でも、それなら最後はが1人飛び出して、
モウギュウダイオーで一掃するというのが正解だったと思うけど・・・。

あと、気になるのは殿の様子。
重度の燃え尽き症候群というか、完全な抜け殻というか・・・。
そこで、効いてくるが十臓源太の存在。
殿当主であろうと無かろうと関係ないキャラがシッカリ揃っている。
ということで、次回は再び十臓との決闘!!。
でも、今にも人斬り外道に堕ちそうな目つきをした殿は大丈夫なのか?・・・。

1001150104.jpg 

まぁ、何やら様子がおかしい殿だが、
司馬家の繁栄のために婿養子になるなんて展開は無いかな?・・・。
さらに、茉子ことはも参戦して三つ巴の殿争奪戦?・・・。
なんやかんやで、最後は殿ハーレム・エンドだったりして?・・・。
なんか、妄想でムカついてきたぞ・・・。

ちなみに、撮影のほうはオールアップしたようだ。
関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした
最終回まで、シッカリ観させて頂きます!!。





バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。