戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

シンケンジャー 第三十四幕

侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕 「親心娘心」。

今回、監督を務めたのは昭和から戦隊を支えてきた長石多可男氏
平成ライダーが始まってからは、そちらを担当していた長石氏
久々に戦隊に帰ってくるということで、現場はお祭り騒ぎだったようだ。
脚本小林靖子サンもってくる辺り、気合いの入り様が分かる。
さらに、長石男氏弟子ともいえる渡辺勝也氏
本人の強い希望で、助監督を務めるという異常事態になってしまった。
でも、監督としてローテーションに入っている渡辺氏助監督扱いには・・・、
ということで、エンディングのロールでは監督補という苦しい表現になっていた。

で、そんなお祭り回のメインになったのは茉子
面倒見の良いシッカリ者なのに、どことなくがある茉子
そんな茉子過去が、ゲリラ訪問した父親を通して明らかになっていく。
しかし、先代シンケンピンク母親の方・・・、父親婿養子・・・、そんな設定も面白い。
父親
を演じたのは冨家規政サン
やはり、巨匠がメガホンをとるせいか、ゲストもシッカリした役者が起用されている。

0910230101.jpg 

で、メインが茉子ということで敵の行動も子供がらみ
いや、学校を襲って子供を連れ去るという昭和な行動巨匠を意識してのことかも?・・・。
そして、バトルのメインは茉子vsアクマロの一騎打ち。
今回は新しいアヤカシが登場しなかったが、それを感じさせないトコロが凄い!!。
しかし、スーパーシンケンイエローはいつになったら登場するのだろう?。
仮面ライダーキババッシャーフィーバーみたいにならなきゃいいけど・・・。

そして、巨大戦はかなりの物量戦となった。
やっぱり、シンケンオーが乗っちゃったネ、牛折神・・・。
それにダイカイオーも加わるというザコ相手無駄な大戦力
ここまでくると、出てないダイゴヨウがなんだか可愛そう。
殿牛折神に乗って不在なら、シンケンダイゴヨウでも良かったような・・・。
そして、敵のほうもザコとはいえ大人数
シーズンということで、組み体操やら騎馬戦やら運動会ネタで楽しませてくれた。
まぁ、全体的に重いストーリーだったから、この辺で息を抜いとかないとネ・・・。

0910230102.jpg 

そして、ラストでは母親との再会を果たした茉子
姐サン得意のギュッは、自分がそうされたい裏返しだったのかな?。
そして、その様子を見る殿の表情も意味深だった。
自分ものいない寂しさを知っている殿
シンパシー感じて、恋愛フラグが立ったかな?・・・。

で、母親を演じたのはゲキレンジャー真咲美希を演じた伊藤かずえサン
車椅子で泣きながら、成長した娘を抱きしめる、
そんな姿だけみると、普通は弱々しいイメージしか浮かばないモノ・・・。
でも、伊藤サンが演じると、昔は強かったんだろうと思えてしまうから不思議だ。
これが、伊東サン演技力の成せる技なのか、ゲキレンジャー
レオパルド拳の遣い手だったイメージが残っているからなのかは分からないが・・・。
どちらにせよ、キャスティングの妙というヤツだネ。

しかし、今回のストーリーは実に奥が深い
子供の目線で見れば、分かりやすい単純なストーリーなのに、
大人の目線で見ると、いろんなことがに隠されているように感じてしまう。

例えば、母親との再会シーンなら、子供は手放しに良かった感じるだろう。
しかし、今でも車椅子の生活を強いられている母親を見ると、
大人過去の闘いの凄まじさを感じたり、母親行く末を心配したりしてしまう。
そもそも、の使命を知っている先代ピンクが、
シンケンジャーを辞めさせて、ハワイで一緒に暮らしたいなどと言うこと自体・・・。
変な想像を膨らませれば、余命宣告でもされたのではないかと考えてしまう。

そんな、子供には分かりやすく、
大人には想像する糊シロを残すような長石氏演出は流石というしかない。
そして、次回監督長石多可男氏
今度のメインは流之介。 これも面白くなりそうだ。

あと、今回は茉子を演じた高梨臨チャンも大変だったと思う。
まぁ、イロイロと勉強になったことも多いんじゃないかな?。
とりあえず、合格点演技をしていたと思うぞ。 

で、そんな高梨臨チャンファースト写真集「Rin」 と
ファーストDVD「Rin ~tobira~」 が10月21日に同時発売!!
まぁ、巨乳というわけでもなければ、セクシーキャラというわけでもない臨チャン
正直な話、あまり期待していなかったのだが・・・、
雑誌などのグラビアを見たら、姐サン意外とセクシー!!。
これは、結構オススメ品!!。 というか、そこそこ売れているようだ・・・。

高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』
(2009/10/21)
高梨臨

商品詳細を見る

スポンサーサイト

仮面ライダーダブル 第6話

仮面ライダーダブル 第6話 「少女…A/嘘の代償」。

終始、子供相手ハーフボイルドぶりを発揮した翔太郎
そんな、微笑ましいストーリーではあったが、今回の注目はやはりバトルシーン

まずは、ナスカ・ドーパントとのガチンコ勝負
オレ的にはメインの巨大戦より、コチラのほうを評価したい。
パッと出の成り上がりということで、組織内でもが多い婿殿
しかし、実力は本物。 ダブルとの対決も白熱していた。
「真っ二つに割ってみたい」などというセリフまわしも上手い。
しかし、ナスカ・ドーパントは珍しいタイプの敵キャラだ。
キャラとしてはありがちなのだが、動き独特の雰囲気がある。
明るいのに毒々しいターコイズブルーという配色も面白い。
そして、その色に対抗するかのようにヒートメタルフォームチェンジ
1度に2本のメモリを変えるのは、なにげに初めてだったりして・・・。

0910170101.jpg 

さらに、ヒートトリガーフォームチェンジして至近攻撃!!。
長距離用の武器をゼロ射程で撃つわけだから、ほとんど自爆テロ
クレイドール・ドーパントのボディブローでは
ビクともしなかったナスカ・ドーパントでも大きなダメージを受けていた。
というか、結婚式前のイザコザがコレの前フリだったとしたら良く出来た演出だ。
で、流石にデキる婿殿もこんなイカれた攻撃は予想できなかったようだ。
「バカな!!・・・、いや、バカなのか?」、もう、笑うしかない・・・。
でも、いつまでも笑ってられないぞ。 奥様は相当ご立腹
「だらしない・・・、どいつも、こいつも・・・」ということは婿殿も怒りの対象に・・・。

しかし、ヒートトリガーは配色のバランスも良くてカッコ良いネ。
でも、あまりにキカイダーに似ているような気がする。
ちなみに、ヒート&トリガーの組み合わせはパワーが大きすぎて安定しないんだとか・・・。
なんか、禁じ手みたいな扱いをされて、出番は少くなりそうな気が・・・。

そして、メインはアノマロカリス・ドーパントとの対決。
まずは、ルナトリガーにフォームチェンジ。
トリガーマグナムからは敵は追いかけるホーミング弾が発射される。
機動戦士ガンダムに出てくるジオングみたいに
オールレンジ攻撃をするんじゃないかと心配していたが、さすがにそれは無くて安心した。

0910170102.jpg 

そして、巨大化した敵を相手にハードスプラッシャーでのバトルなのだが・・・、
出来れば、ハードボイルダーから換装して欲しかったと思うのは贅沢だろうか?。
それに、CGの出来も第2話よりはましだが、今回もイマイチかな?・・・。
なんか、技術予算時間に見合わないことをヤリ過ぎている感じがする。
実写の背景に重ねるよりも、水中のカットを増やせば完成度は高くなるはずだ。
それに、リボルギャリーに乗っているフィリップ&亜樹子も別に必要ない。
まぁ、技術向上のために冒険は必要だが、程度の見極めも必要だ。
あと、トドメのトリガーフルバーストも少し地味だったかな?。
もっと、多くの光が一斉に襲い掛かるような感じに仕上げて欲しかった。

まぁ、これで9種類全てのフォームが出揃った。
各フォームごとに個性的な攻撃をするが、それぞれ弱点もあるようだ。
しかし、その弱点を生かすことで、面白いバトルが展開出来ていると思う。
この先も、全てのフォームが出揃ったからといって、
フォームチェンジ回数を減らすような手抜きは絶対にしないで欲しい。
流れるようなフォームチェンジこそ、ダブル魅力といっても過言ではないからネ。
それと、水中からでもメモリブレイクした犯罪者を助けるトコロは感心した。
あくまでも、罪を憎んで人を憎まず。 こちらも初心を貫いて欲しい。

あと、バトル以外でも気になった小ネタがいくつか・・・。
まずは、先週から引きずっているお酢ネタ。
無茶な戦い方で意識を失ったフィリップお酢を飲ませるなんて・・・。
しかも、これがキッカケで、お酢にハマってしまったフィリップ
まさか、週をまたいでやるとは思わなかった。
というか、シメのネタまでがお酢になってしまうなんて・・・。

0910170103.jpg 

それと、ウォッチャマン&サンタちゃんが食べていたラーメン
まさか、風都当地ラーメンまで登場するなんて・・・。
その特徴は、ドンブリが隠れるくらいの巨大なナルト
札幌にはドンブリが隠れるくらい大きなチャーシュー
のっているラーメンがあるが、それがヒントになっているのかな?。
ちなみに、あのナルト特注品なんだとか・・・。

あと、インターネット・ラジオ、WIND WAVE も開局したネ。
やはり、注目は園咲若菜のヒーリングプリンセス
正直、ここまで若菜姫になりきっているとは思わなかった。
でも、完全な仕込みネタかと思いきや、
リクエストは受け付けているし、コーナーもイロイロあるし、意外と本格的?。
まぁ、しばらくは聴き続けてみようか・・・。

シンケンジャー 第三十三幕

侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕 「猛牛大王」。

前回から登場している牛折神
なんか、意外と早く登場してしまった感じがする。
クリスマス商戦に合わせて、もう少し後になると思ってたのに・・・。

しかし、これで11体目・・・、いや、恐竜折神もいるから12体目か・・・。
これにダイゴヨウもいれたら13体・・・、相変わらず無駄に多いよなぁ~。
それと、牛車をモチーフにした折神というのも・・・、
なんか、牛車って、じゃなくて貴族の乗り物って感じだよネ・・・。
それと、ストーリーのほうも少年の思いつきで、
禁断の折神の封印を解いて暴走させるという、冷静に考えると実に迷惑な話だった。
まぁ、殿少年期とクロスオーバーさせる演出なんかは上手いと思ったけど。

0910140101.jpg

そして、今回はモウギュウダイオー侍変形!!。
やはり、単体変形巨大ロボはスマートでカッコ良い
なんか、合体も多くなり過ぎるとゴテゴテしちゃうから・・・。
と言っても、コレもいずれは合体するんだろうな。
なんたって、少年が持つ折神の力を集めるモヂカラが込められているんだから・・・。

しかし、猛牛なのにスマートというのはイメージが違うような気がする。
それに、スマートなのに重火力というのもなんだかバランスが悪い。
あと、必殺技の猛牛大回転砲もイマイチ・・・。
どうにも、ディスクが頭につくのが気に入らない。
さらに、バルカン砲も一緒に発射すると見た目がウルさくなる。
どちらか一方だけでも、必殺技として十分だよネ。
というか、普通にバルカン砲だけのほうがシンプルでカッコ良いと思う。
しかし、今回の巨大戦爆発がスゴかった。
とりあえず、気合いが入っていたということは認めよう。

そして、腑破十臓&薄皮太夫が戦線に復帰した。
まぁ、あのまま終わるような2人じゃないと思っていたが・・・。
殿vs十臓茉子vs太夫、今後も因縁の対決が楽しめそうだ。
しかし、裏正を作ったのがアクマロだったというのは面白い展開だ。
今後の3人の動向によって、ストーリーが大きく動きそう。
というか、3人が手を組めばドウコクより強よそうだよネ。
でも、司馬家に伝わる封印の文字という設定があるし・・・。
やっぱり、ラストボスドウコクなのかな?。

0910140102.jpg 

あと、今回は変身前に本格的なアクションシーンがあった。
殺陣の流れで変身する演出はなかなかカッコ良かったと思う。
で、11月からはGロッソ素顔の戦士が出演する。
いきなり、ステージというのはキツいから、まずは撮影で慣れておこうということかな?。
しかし、今までにもに触れるシーンが多かったせいか、みんな良い太刀筋をしている。
ただ、ことはだけはチョット・・・、まぁ、これはこれで可愛くて萌えるけど・・・。

とりあえず、これがGロッソになって初めての素顔の戦士になる。
やはり、どうしてもスカイシアターとは一味違う演出を期待してしまうよネ。
いろいろ大変だと思うけど、みんな頑張って欲しい!!。
でも、ステージトラブルは付きモノ。 毎年、誰かしらコケたりするんだよなぁ・・・。
とにかく、怪我だけには気を付けてもらいたい。

それと、今年も恒例となった太秦での撮影があるようで・・・。
時代劇セットでどんなモノが出来るのか、今から楽しみだ。
ハードルを上げるのもなんだが、どうしても例年以上のモノを期待してしまう。
なんたって、侍戦隊だからねぇ~!!。

キングの声は小泉氏

12月12日に公開される大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
やっぱり、、ウルトラマンキングの声を担当するのはこの人だった。
元内閣総理大臣小泉純一郎氏!!。
前々からはあったものの、人が人だけに半信半疑だったが、これで間違えない。

0910130101.jpg

このニュース民放全局で取り上げられていた。
現在、全国放送が無いウルトラマンにとって、この宣伝効果は大きい。
しかし、声優としての実力は・・・、まぁ、上手いとは言えないか?。
ベリアルゼロとも絡みが多い重要な役なので、チョット不安・・・。
声自体は良い声してるんだけどネ・・・。
まぁ、演説するシーンなんかもあるということなので、その辺を期待しよう。

しかし、オファーを出したヤツは勇気があるヨ!!。
これで、「感動した!!」みたいな、小泉氏らしいセリフがあると笑えるんだけどネ。
流石に、そこまでヤラせる度胸は無いか・・・。


 

仮面ライダーダブル 第5話

仮面ライダーダブル 第5話 「少女…A/パパは仮面ライダー」。

今回は政治ネタ?・・・、衆議院選もあったからかねぇ~。
まぁ、それに子供なんかも交えつつ、内容的には盛りだくさん
なのに、イマイチ盛り上がりに欠ける気が・・・。
正直、来週へのネタフリという感じは否めない。

0910090101.jpg 

そして、バトルのほうではトリガーメモリが登場。
といっても、登場したのはサイクロントリガーのみ。
むしろ、タッグフォンヒートメモリをセットした攻撃のほうが印象に残った。
これってフォームチェンジ時間稼ぎにもってこいだよネ。
まぁ、バトルのほうも本番来週ということだろう・・・。

そんな、完全なネタフリ回だったが、
オヤジの目には、女性レギューラー陣の演技が光って見えた。
撮影にも慣れ、それぞれキャラもシッカリ掴めているようだ。
みんな、良い味を出していたと思う。

まず、今回もブリっ娘パワー全開若菜姫!!。
ご立腹のお父様に擦り寄っていく感じが最高だ。
また、を抱いて、テーブルの下から出てくる仕草も萌える
なんか、どんな男でも骨抜きにしてしまいそうなオーラが出ている。
といっても、アイドルというより、キャバ嬢テクニックのような気もするが・・・。

そして、冴子お姉様は会社で不機嫌パワー全開!!。
新婚生活を楽しんでいるのかと思いきや、さすが仕事人間・・・。
しかし、その仕事トラブル発生。 さらに、若菜姫の登場で爆発寸前!!。
とくに際立った演出というのは無いのだが、
結果的に、それを上手くなだめる婿殿の演技が引き立った。
役の上では完全なカカァ天下だが、演技的には内助の功を発揮してたり?・・・。

0910090102.jpg 

そして、圧巻だったのは亜希子の見事なブリッジ!!。
なんて、体の柔らかさ・・・、本当、この娘の引きだしの多さには驚かされる。
フィリップゴミバケツにはさまって、
ヤドカリ状態で奮闘していたが、完全に食われてしまったような・・・。

てな具合で、本編では語るコトもあまり無かったのだが、
枠内で12月公開の W&ディケイド MOVIE大戦CMがオンエアーされた。
といっても、めあたらしい映像は見当たらなかったけど・・・。
ちなみに、公式サイト東映のサイトも既にオープンしている。
あと、6:30からディケイド再放送をやってるのも、宣伝活動の一環だろう。
なんか、いつもより宣伝活動の動き出しが早いような・・・。 
やはり、ウルトラ銀河伝説同日公開というのが気になるのかな?。

0910090103.jpg 

そして、吉川晃司サンゲスト出演することも発表されている。
劇場版仮面ライダーカブトでは主題歌を担当した吉川晃司サン
今回は役者として、翔太郎があこがれる
ハードボイルド探偵、オヤッサンこと鳴海荘吉を演じることになった。
しかも、ドクロをモチーフにした仮面ライダースカル変身する!!。

しかし、この仮面ライダースカルデザインがイマイチ。
なんか、シンプル過ぎて手抜きという感じがしてならない。
登場するのがダブルだからいいようなものの、
ディケイドのほうに出たら、ショッカー隊員と見分けつかないぞ・・・。

それに、オヤッサン宮内洋サンが演じると思っていたのに・・・。
吉川サンじゃダメということではないが・・・、ただ、少しガッカリしたのも確かだ。
まぁ、宮内サンだと昭和ライダーファンしか食いつかないからなぁ・・・。
でも、吉川サンにだって、驚くほどの集客効果は期待できないと思うけど・・・。
オールライダー対大ショッカーGACKTみたいにはねぇ~・・・。

なんか、ますます期待が薄くなった W&ディケイド MOVIE大戦
まぁ、それでも間違いなく観に行くことになるだろう。
スーパーショッカーゾル大佐蜂女・・・、
チラシには、そんな気になるキーワードも出て来ているしネ。




バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。