戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

平成22年6月 月例報告

サッカーW杯TV番組の切り替えが重なってパニック状態!!。
録画予約するだけでも凄いコトに・・・。
ということで、既に終了している番組も7月まで放送があったモノは次回ということで・・・。

≪劇場鑑賞 映画≫
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
10周年というだけあって、地味に古いネタが仕込んであるのが笑えた。
にもかかわらず、劇場には意外と10代の客が多かった。
ネタの半分も理解できないだろうに・・・。
まぁ、ストーリーもシッカリしていたし、泣かせる場面まであったから大丈夫か?。
といっても、泣けるシーンにもチョコチョコと
小ネタを仕込んであるので、オレとしては笑いのほうが勝っちゃうんだけどネ・・・。
そして、泣いてる人の隣だと笑いにくいんだよなぁ~。

仮面ライダーX仮面ライダーX仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー
EPISODE RED ゼロのスタートゥインクル
最近あまり姿を見ない松本若菜チャンをガッツリ見れただけでも価値はあった。
それに、ああいう感じのもどかしい恋愛ストーリーも嫌いじゃない。
でも、電王としてはアリだが、仮面ライダーとしては・・・。
涙腺のゆるいお母さん泣きだすし
その横で辛抱のない子供グズりだすし・・・。
やっぱり、ラストの星空まったりシーン長過ぎるよネ。

EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル
幸太郎主人公のハズなのだが、
高山侑子チャンが演じる美来ほうが目立っていたような・・・。
そんな感じで、イマイチ話のバランスが悪かった気がする。
なんか、出演するならシッカリと働いてもらいましょうみたいな?・・・。
というか、低予算上映時間を延ばすための苦労というヤツかな?。

EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ
3作品に共通して言えることだが、バトル決着後の展開がダラダラし過ぎ!!。
というか、もともと1時間くらいの内容しか無いよネ。
これなら1時間に納めてくれたほうがスッキリする。
とくに、エピソード・レッドから引っ張った新チャーハン対決
企画自体は面白いけど、ラストにやる内容じゃない。
とにかく、前売り価格ならともかく、1800円出して観る作品じゃないと思う。
それでも、興業成績はまずまずだったようで・・・。
これだけオイシイ東映としては続けたいと思うよネ。
でも、小太郎コハナもそう呼ぶには限界がきているような・・・。
小太郎なんか声変わりしてるもんなぁ~。

告白
常々、中島哲也という監督が夢も希望も無い作品を手掛けたら、
さぞかしエグいモノになるだろうと思っていたが、そんな期待を裏切らない内容だった。
いつもの鮮やかな色彩は抑えられていたが、
淡々とした語りをベースに、BGMセリフテンポに変化をつける演出は流石。
原作が持つ衝撃を倍増させていたと思う。
しかし、CM「な~んてネ」というセリフは出さないで欲しかった。
ネタバレにはなっていないが、やはりシメだから・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
ヴァン・ヘルシング
思いっきり詰まった感じで、何度みても面白い映画だ。
なんたって、ドラキュラだけじゃなくて、狼男フランケンシュタインまで出てくるもんな・・・。
でも、小出しにしてシリーズ化したほうが良かったかも・・・。
いや、出し惜しみしないから面白いのかな?。

≪TV鑑賞 番組≫
3代目 明智小五郎 今日も明智が殺される
ミステリーじゃなくて、完全にコメディー
一応、江戸川乱歩小説をストーリーに盛り込んだりもしてるけど・・・。
そして、主役じゃなくても、完全に小池里奈チャンの為の番組だった。
スピンオフDVDまで出しちゃったもんネ。
やっぱり、里奈チャンにはコメディーコスプレが似合うというコトで・・・。

B型H系
とりあえず、人気声優主題歌を含めエロい声を出してくれれば良いという感じだった?。
原作4コマだけに、小ネタにはキレがあったが、
アニメ化するにあたってストーリーにのせてしまうとテンポが悪くなる。
というか、この手のラブシーンにはドキドキ甘酸っぱさを感じなくなってしまった。
まぁ、オレが汚れた大人だからいけないのかな?・・・。

いちばんうしろの大魔王
嫌いなジャンルではないし、イロイロ詰まっていて退屈はしない。
でも、12話で終わらすにはやはり無理があったと思う。
バトルシーンを濃くしてスローテンポにすれば、そこそこ面白いモノになったかも?・・・。
でも、6ヶ月かけてやるような番組でもないかな?。

聖痕のクェイサー
ひたすらオッパイな作品。
でも、それなりに内容も濃かったような・・・。
エロの為のストーリーなのか?。
ストーリーエロな設定を加えていったのか?。
どちらにせよ、絶妙なバランスだった。
続編が出来れば観たいと思える作品だ。

薄桜鬼
新撰組など名ばかりの腐女子御用達アニメだと思ったら、
史実も上手く取り入れた絶妙なストーリーに仕上がっていて驚ろいた。
作者はかなりの新撰組信者のようだ。
セカンド・シーズン函館戦争土方が死ぬまでやるんだろうか?。
とりあえず、セカンド・シーズンも観ることになるだろう。

デュラララ!!
とにかく、池袋の街並みがリアルなのが印象的。
それも、チョット前池袋・・・。
今は無いビルとかを見つけると懐かしい気持にもなった。
そして、背景とは対照的にブッ飛んだストーリー
カラーギャングはともかく、首なしライダー妖刀・・・。
もう、まともなヤツは誰もいない感じ。
そして、上手い具合に絡み合いながらもイマイチな結・・・、
などと思っていたトコロに、サイモン必殺パ~ンチ!!。
この一撃で全てがスッキリした!!。

Angel Beats!
あまりに、カオスな設定世界観に慣れた頃には終わっていた。
でも、意外と深いストーリーには感銘できた。
とにかく、軽いノリの戦線メンバーが現実に送った人生悲惨すぎる。
そのギャップにヤラれてしまった感じだ。
しかし、それを13話で片づけるのは無理があったと思う。

真・恋姫†無双?乙女大乱
三国志ってブームなの?。
なんか、やたら三国志ネタアニメが多くねぇ?。
真・恋姫†無双一騎当千XXSDガンダム三国伝最強武将伝・三国演義
もう、頭の中で話の内容が混ざってワケが分からない状態に・・・。
とくに、真・恋姫†無双真名なる呼び名があるので登場人物が捉えきれない。
まぁ、全部が分からなくても問題は無いと思うが、
なまじ三国志知識があると、誰なのか気になってスルー出来ない・・・。

WORKING!!
なんか、現実離れした世界の話より、
身近にあるモノを題材にした作品のほうが気楽に笑えて楽しめる今日この頃・・・。
この手のアニメを週一くらいで観るとリフレッシュ出来る。
そういう意味では貴重な番組だった。

荒川アンダー ザ ブリッジ
ケロロ軍曹前座として、なんとなく観ていたら最終回になっていた。
この手のナンセンスコメディー守備範囲外のはずなのだが・・・。
でも、絵はキレイなんだよネ、荒川なのに・・・。
あと、あのオープニング曲が頭に残っちゃうんだよな~。
ふと気が付くと、歌ってたりする・・・。

一騎当千 XTREME XECUTOR
画面比の問題もあるので、
完結するのかと思いきや・・・、まだまだヤル気満々って感じ?。
というか、今回から登場した馬超オレ好みのキャラなので続けて欲しい。
回想シーンの扱いに不安はあるが、次シーズン期待したい。

閃光のナイトレイド
満州関東軍原爆・・・、
日本人が避けて通りたい闇の時代を背景にした挑戦的な作品だ。
そして、超能力というフィクション要素を加えても、
葉加瀬太郎サンヴァイオリンを重ねても、そのインパクトは色褪せない。
オレ的には評価するが、観て不愉快に思う団体も多かったはず・・・。
そして、何よりストーリーについていけない視聴者も多かったのでは?。

迷い猫オーバーラン!
とにかく、可愛い女の子3人いればなんとかなるって感じかな?。
しかし、3人のうち2人ツンデレというのは激しい!!。
また、それだけに「にゃあ~」威力倍増なんだよネ・・・。
そして、ストーリーも掴みどころのないブッ飛んだ内容が多かった。
もう、何も考えずに、出てきたモノを全てを受け入れるしかない感じだった。
まぁ、このお手上げ感には視聴者主人公シンクロ率を高める効果があるのは認める。
でも、オジサンは観てて疲れた・・・。

セキレイ
新シーズンの前に再放送というは実に助かる
これで復習もバッチリ!!。
出来れば、ストライクウィッチーズもやって欲しかったのだが・・・。

≪DVD鑑賞 映画≫
ボルト
金欠で観るのをあきらめて、レンタル旧作になるのを待っていた。
やはり、動物の描き方が上手いよネ。
の感じなんかはリアルなのにアニメ・キャラクターとしての可愛さは失わない。
そんなバランス感覚は流石と言うしかない。
ただ、オッサンなのは・・・、まぁ、成犬だからなんだろうけど・・・。
スポンサーサイト
Genre : ブログ ブログ

平成22年5月 月例報告

平成22年5月 月例報告

毎年のコトなのだが、ゴールデン・ウィーク
観たい映画が多いのに、休めないという悲しい現実に直面する。
今年もゴールデン・ウィークが終わってから、慌てて観るハメになった。
結局、観れたのは近所のシネコンで公開されているモノだけ・・・。
今年も見逃したモノレンタル待ちだ。

≪劇場鑑賞 映画≫
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲
ゼブラクィーンのインパクトが強すぎて他の全てがかすんでしまった感じはするよネ。
仲里依紗チャンムチムチ感から、マッドマックス・サンダードーム
ティナ・ターナーみたいな印象を持ったけど、パロディーということではないみたい・・・。
しかし、最後のオチ酷かった・・・。
土壇場で下ネタ、ギャグな結末、トドメに微妙なパロディー?・・・。
まぁ、ゼブラーマンらしいとも言えるかな?。 とりあえず、笑っちゃったしなぁ~。
でも、こんな温かい評価をしてくれるのは一握りの人間だけだと思うぞ・・・。
あと、収穫だったのはすみれという少女を演じた永野芽郁チャン
子供なのに妙に透明感があったり、色気があったり・・・。
なんか、成長したら良い女優になりそうな予感がする。
しかし、こんな映画子供を出して良いのか?。
子供にゃあ説明できないコトも多かっただろうに・・・。

タイタンの戦い
小学生の頃に観た映画のリメイクということで楽しみにしていた作品だ。
とりあえず、メデューサクラーケン3Dを含めて良い出来だったと思う。
しかし、全く違うモノになることは覚悟していたが、
ここまでストーリーを無理矢理ねじ曲げるているとは思わなかった。
ペガサス黒いし、アンドロメダじゃなくてでつながれるし・・・。
というか、アンドロメダヒロインじゃないし・・・。
明確な違いを印象づける狙いなんだろうけど、元はギリシャ神話なんだから・・・。
ハッキリ言って、余計なコトをしてくれたなという感じだ。

アリス・イン・ワンダーランド
期待どおり、ティム・バートンらしい3D作品だった。
とくに、チェシャ猫は良い感じに仕上がっていたと思う。
ただ、笑いのツボ日本人に合わない部分も多いのかな?。
基本的に全てが不気味だし、エゲツないくらいブラックなジョークもあるからネ。
なんとなく、劇場が笑いにくい空気になっていたような・・・。
まぁ、とにかく世界感は文句なしに素晴らしい作品だ。

のだめカンタービレ最終楽章 後編
なんやかんや言いながらも、ずっと見続けてきたのだめカンタービレ
ということで、最後劇場で観ることに・・・。
でも、後半になるとベタベタ恋愛ストーリーが続くからねぇ・・・。
のだめ少女漫画だったということか?。
まぁ、ストーリーは知ってたけから、覚悟はしてたけどネ・・・。
ただ、それだけにエンドロールくらいはのだめワールド全開にして欲しかった。
まったり終わらせるのはらしくない!!。

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
まぁ、ストーリーは分かっているし、新作カットも多くはない。
ある意味、本編前後のオマケ部分のほうが笑えたり・・・。
なんか、劇場版アニメを観てきたというより、
イベントに行ってきたような錯覚に陥る作品だった。
まぁ、イベントだと思えば、損をした気にはならない。
とりあえず、銀魂らしくお祭り騒ぎ最後を飾れていたと思う。

≪TV鑑賞 映画≫
陰日向に咲く
いつかレンタルして観ようと思っているうちにTV放送されてしまった。
このパターンが多いんだよネ、最近・・・。
まぁ、噂に違わずという感じだネ。
なんというか、登場人物の距離感が良い。
これ見よがしに人間関係を複雑にし過ぎない、絶妙なサジ加減
この辺りが劇団ひとりのセンスの良さだろう。
そして、何よりもキャスティングが良い。
個性的な役者自分の持ち味を前面に出しているのに、上手くかみ合っている

≪TV鑑賞 番組≫
TRICK スピンオフドラマ 警部補 矢部謙三
企画自体が踊る大捜査線パロディーというTRICKらしい作品だ。
でも、内容としてはTRICKとは全く別物になってしまったような・・・。
とにかく、特撮関係キャスティングが多かった。
特撮オタクのオレとしては嬉しい限りだ。
まさか、引退したはずの星獣戦隊ギンガマン
ギガレッドを演じた前原一輝サンまで出てくるとは思わなかった。

TRICK新作スペシャル2
劇場版宣伝番組くらいに思っていたら、意外と内容が濃くて驚いた。
でも、これって悪魔の手毬唄のパロディーなのかな?・・・。
あと、すぐに死んでしまったが、炎神戦隊ゴーオンジャー
ゴーオンイエローを演じた逢沢りなチャンが出てきたのも嬉しかった。
でも、満足いく出来だったがために、
劇場版は少し経ってから観ようという結論に達してしまった。
なんか、観終わった時に妙な満腹感があって・・・。
まぁ、公開終了ギリギリくらいでも良いかな?。

シバトラ  さらば、童顔刑事スペシャル
轟轟戦隊ボウケンジャーボウケンピンクを演じた
末永遥チャン目当てで見続けたシバトラもコレが最後・・・かな?。
まぁ、ひとつの節目であることは確かだ。
さらに、今回は仮面ライダー555
仮面ライダーキバに出演していた芳賀優里亜チャンも出ているというオマケつき。
でも、芳賀優里亜チャンを知っているがために、
早い段階で、事件の真相が分かっちゃったんだけどネ・・・。

≪DVD鑑賞 番組≫
蒼穹のファフナー
なぜか見逃していた名作。
放送5周年記念でイロイロと話題になっていたので思い出し、 
正月から少しずつ観はじめて、やっと最終回までたどりついた・・・。
しかし、ストーリーが暗い。 というか、暗過ぎて笑えるくらいだ。
ちなみに、これは誉め言葉。 ここまで、徹底すればご立派!!。
ただ、メカのデサインに関して言えば正直イマイチ・・・。
深夜枠だったし、予算的に凝ったモノには出来なかったというコトは理解できる。
でも、ロボットアニメである以上は譲れない部分だ。
Genre : ブログ ブログ

平成22年4月 月例報告

平成22年4月 月例報告

4月から始まった新番組をチェックするのにひと苦労
それに気を取られている間に、あっという間に終わってしまった感じの4月・・・。
ということで、映画館には4/1に一度行っただけ・・・。
ファーストディ・サービスを利用して、なんとか2本だけ鑑賞した。

≪劇場鑑賞 映画≫
・スパイアニマル・Gフォース
子供向けなのかと思えば、意外とシッカリとしたストーリーで驚いた。
可愛いだけじゃなかったので、その分だけは期待以上
でも、1000円で済ませたかったので2D・・・。
だって、年度替わりって何かと金かかって金欠なんだもん!!。

シャーロック ホームズ
エンターテーメントとしての面白さを追求した結果、
英国紳士というシャーロック・ホームズイメージが崩壊してしまったような・・・。
いかにも、賛否両論ありそうな作品。
続編を予感させるストーリーだったが、はたして制作されるかどうか?・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
パイレーツ・オブ・カリビアン
呪われた海賊たちデッドマンズ・チェストワールド・エンド3作まとめての放送。
いつかは一度に全部観たいと思っていても、
DVDを借りる段階で時間が気になり、ついつい先送りにしていた。
そんなオレにとっては実にありがたい企画
まぁ、字幕全部ノーカットだと更にありがたいのだが・・・。

ヤッターマン
良くも悪くも、アニメに忠実
そして、結局は深田恭子チャンドロンジョ様に尽きる。
深田恭子チャンはこの作品で一皮むけた感じだが、
この作品で一皮むけるのが良いコトなのかと問われれば疑問だ・・・。

≪TV鑑賞 番組≫
インディゴの夜
レギュラーのみならず、ゲスト出演者まで特撮関係者だらけの作品。
モチロン、それが目的で観ていたのだが、予想以上にストーリーも面白くて楽しめた。
奥さま達評判も良いようなので、続編があるかもしれないネ。
ただ、昼帯ドラマというのは観るのが大変!!。
30分番組でも週5となると正直キツい・・・。

戦う司書
あまりに、ストーリーがカオス過ぎて、ついて行くのがやっと・・・。
正直な話、楽しむ余裕はまるで無かった。
まぁ、作品の問題というより、
オレも歳をとって頭の回転が鈍ってきているというのが問題なのかも?・・・。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
正直、第1話を観た時は先の展開に不安を感じた。
でも、回を追うごとにストーリーが深みを増していき、気が付くと結構ハマっていたり・・・。
ただ、ロリコン腐女子も楽しめる懐の深さゆえに、どっちつかずな感じもする。

≪動画配信鑑賞 番組≫
トップをねらえ!
パチンコ台になるのに先駆けて、Gyo無料配信していた。
全6話なので、忙しい中でも時間を見つけて全話制覇
それにしても、OVAとはいえ、とんでもない作品だ。
アニメ界において、カオスの扉を突き破ってしまった作品と言えるだろう。
科学理論をどうこう言いながら、やってるコトは無茶苦茶
シュールなどという言葉が世に出回っていなかった当時、
腕立て伏せ腹筋をするロボットを見て、言いようのない感情が湧いてきたものだ。
そして、今見ると懐かしい要素も多い。 ソ連なんか、もう無いしネ・・・。
あと、主題歌を歌っているが渦中ののりピーというのも・・・。
Genre : ブログ ブログ

平成22年3月 月例報告

平成22年3月 月例報告

年度末ということで、終わるTV番組が多いこと多いこと・・・。
ということで、既に終了している番組も4月まで放送があったモノは次回ということで・・・。

≪劇場鑑賞 映画≫
超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!
なんか、今回はストーリー画質イマイチだった気がする。
これを最後に画面比を変えるから、気合いを入れても仕方ないという感じなのかな?。
でも、仮面ライダー電王コハナを演じた松元環季チャン
歌に声に大活躍だったのは仮面ライダーも好きなオレにとっては嬉しかった。
ただ、ラナというキャラを演じるにはチョット声が幼いような・・・。

超電影版SDガンダム三国伝
むしろ、画質はコチラのほうが良かったと思う。
しかし、三国志をベースにしていても、ストーリーはいかにも子供むけ
ただ、三国志ガンダムもイケるクチのオレには
マイナーなモビルスーツが意外に重要な武将だったりするのはツボだった。
馬超ブルーディスティニーだもんな・・・。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
ハリーポッター監督が同じということで観ることにしたのだが、
ギリシャ神話を読破しているオレにとっては、こちらのほうが合っているかもしれない。
といっても、次回作があれば観に行っても良いという程度かな?・・・。
しかし、ギリシャ神話に縁が無い人には分かりずらい作品だ。
タイタンの戦いの公開が先だったら良かったのにネ。
というか、オレもタイタンの戦いを先に観たかった。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
深夜にやってた頃から観ていた勢いで劇場版まで観てしまった。
とりあえず、ゲーム自体はよく練られていてファイナルにふさわしい出来だった。
しかし、主催者の正体を含め、ゲーム後の結末イマイチだったかな?。
でも、そもそも戸田恵利香チャンが演じる神崎直というキャラが好きなだけだから・・・。
なんか、そこそこ出来る女優バカを演じると可愛いんだよネ。
まぁ、現実に居たら裏がある要注意な女、
というか、普通のドラマでも嫌味に見えてしまうキャラのはず・・・。
でも、こういう変な世界観のドラマだと上手くハマるんだよネ。
この辺も含め、復活するTRICKに通じる部分が多い作品だと思う。
といっても、TRICKみたいに10周年復活するかは疑問だけど・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
パコと魔法の絵本
評判を耳にしてシネコンに観に行ったら満席で、
泣く泣く他の作品を観ることになってしまった苦い思い出がある作品・・・。
DVDレンタルが旧作オチしたら観るつもりだったが、
その前にTV放送されるとは・・・、なんともラッキーな話だ。
そして、評判通りの良い作品だネ。
CGの面白さなんかを考えたら、やはり大きなスクリーンで観たかった。
でも、劇場だとすすり泣く声がそこらじゅうから聞こえてくるんだろうな・・・。

≪TV鑑賞 番組≫
トミカヒーロー レスキューファイアー
好評だった作品のの続編というのは大抵ダメなのだが、
レスキューファイアーは思いのほか出来が良かったように思える。
やっぱり、CGがスゴいよネ。
それだけにレスキューフォースより戦闘要素が多い気もするが、
忘れた頃に人命救助のエピソードをだすことで、より効果的にメッセージを発していた。
残念ながら、トミカヒーローは終ってしまうけど、引き際としては良いタイミングかな?。
リュウケンドーも含めれば三部作でキリが良い。
低予算下手なモノを作っても仕方がないしネ・・・。

銀魂
終わってしまうのは残念だが、原作画面比予算のことを考えれば仕方ないと思う。
というか、放送延長だって劇場版を制作するための時間稼ぎでしょ?。
まぁ、落ち着いたら復活して欲しいとは思う。
でも、今度やる時は深夜のほうが良いかも・・・。
しかし、最終回クリスマスのネタとは・・・。
というか、なにげに劇場版宣伝がほとんどのダラダラしたヤツを期待してたのになぁ・・・。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
けいおん!にも匹敵するキャラ萌え作品だと思う。
最終戦争後という設定のため、親近感みたいなモノは持てないが、
戦争という暗い背景があるからこそ、喜怒哀楽ギャップでストーリーを盛り上げられる。
続きを観てみたい気もするが、キリ良く終わっているだけに・・・。

おまもりひまり
犬夜叉にしてにしてって感じ?。
基本的にはエロさウリなんだろうが、他の要素でもそこそこ面白かった
まぁ、セカンド・シーズンがあれば観たいと思う。

バカとテストと召喚獣
ほとんど、学園ラブコメディー
もう、召喚獣なんか無くてもいいような・・・。
結構、人気あるみたいだけど、オレにはイマイチ合わないような・・・。
まぁ、主人公バカっぷりは笑えるけどねぇ・・・。
なんか、最近の深夜アニメってエロい学園モノばっかり。
セカンド・シーズンもありそうだけど、どうしようかな?・・・。

ひだまりスケッチ×☆☆☆
キャラは可愛いし、4コマ感覚も嫌いじゃない。
でも、ツッコミが緩すぎてメリハリがないような・・・。
といっても、この緩さウリでもある。
これは好みの問題としか言いようがない。

おおかみかくし
とにかく、なかなか話が進まない展開にイライラした。
しかも、和洋の違いはあれ、ダンス イン ザ ヴァンパイアバンドネタかぶってるし・・・。
とりあえず、TVシリーズでやるには内容が薄すぎる
というか、最終回なんかDVDの特典映像みたいになってるし・・・。
でも、これが一番面白かったかも?・・・。

れでぃ×ばと!
完全にオレの守備範囲外だった。
なんで、これを最後まで観ちゃたのかなぁ?・・・。
けいおん!にハマってから、
なにが面白いかは観ないと分からないという考えに変わってしまたオレ。
自分に合わないモノは観なきゃいいのだが、一度でも観てしまうとダラダラと・・・。
観るのを止める勇気も必要だネ!!。

テガミバチ
ショタコン腐女子が喜びそうな番組だと思っていたが、意外とオレでも楽しめた
暗くて閑散としている世界なのに、なぜか美しい・・・。
とりあえず、セカンド・シーズンの制作が決まっている。
物語も中途半端なところで終っているので、ここで評価するのはやめておこう・・・。

とある科学の超電磁砲
主要メンバーが女子だからか、本家のとある魔術の禁書目録より好きだったりする。
なんか、ガールズトーク盗み聞きしているような感覚が面白い
まぁ、続編があるとすれば、今度はとある魔術の禁書目のほうだよネ。
でも、こちら主要メンバー活躍にも期待したい!!。

はなまる幼稚園
意外にもハマってしまったのがコレ・・・。
やっぱり小さい子供可愛い!!。
でも、それはロリコンだからというより、
父親目線、いや通り過ぎて祖父目線で見ているからだと思う。
オレも下手すりゃあがいてもおかしくないだし・・・。
とりあえず、セカンド・シーズン熱望!!。

ブラッディ・マンデイ シーズン2 
ウルトラマンマックスエリーを演じた
満島ひかりチャンが出演することで特撮度がアップしたシーズン2
シースン1を観て、ドンデン返しには慣れてしまったが、
ひかりチャン重要な役に起用されていたことがサプライズだった。
まぁ、豹変キャラだとは思っていたけど、
まさかラストボスとも言えるスパイダーだったとは・・・。
愛のむきだし以降、女優として高い評価を得ているひかりチャン
バッサリとショートヘアーにして、今度は月9に出演するそうだ。

Genre : ブログ ブログ

平成22年2月 月例報告

平成22年2月 月例報告

2月テレビ放送された映画をやたら観てしまった。
普通なら月に1~2本くらいなんだけど、今月は6本!!。
正月でも夏休みでもないのに、観たいモノが続いたよなぁ・・・。 

≪劇場鑑賞 映画≫
涼宮ハルヒの消失
いや~、しかし混んでたなぁ~!!。
しかも、上映時間長い!!。
我慢出来ずにトイレに行く奴が多いこと多いこと・・・。
生理現象だから仕方無いけど、軽く2ケタ扉が開くのには流石にムカついた
でも、内容は納得だったネ。
まぁ、テレビ版を観てないとストーリーに全くついていけないと思うけど・・・。
知らないで観たヤツや付き合いで来たヤツは30分でパニックになったはず・・・。
しかし、ハルヒキャラは画面が大きくなると萌え度パワーアップするネ。
アップで写し出される女性キャラクター
細やかな仕草表情を見て、思わず声が出たりのけぞったり・・・。
この辺はモチロン計算されているんだろうな・・・。
正直な話、この手のキャラ萌えが売りの作品を
大きなスクリーンで観る価値があるのか疑問だったが、完全に取り越し苦労だった。
恐るべし京都アニメーション!!。
けいおん!劇場版なんか出来たら、オレは劇場失神するかもしれない・・・。

コララインとボタンの魔女
期待どおりのキモカワいさだった。
しかし、チョット気になったコトが・・・。
なんか、いろんな面で千と千尋の神隠しに似た要素があるんだけど・・・。
やっぱり、影響うけてるのかなぁ?・・・、
千と千尋の神隠しアカデミー受賞作品だから、
海外作品影響を与えても、なんら不思議は無いけどネ。
まぁ、オレの思い過ごしかな?・・・。
ちなみに、吹き替え版しか無くて仕方なく観たんだけど、
魔女の声を担当した戸田恵子サンがすごくハマっていて感動してしまった。
流石、マチルダさん!!。
でも、3D2000円もとられたのは痛かった。
ファーストデイ・サービスなら2本観れちゃうもんな・・・。

≪TV鑑賞 映画≫
崖の上のポニョ
やっと、宮崎アニメ本来の姿を取り戻したと感じる作品だった。
やはり、手描きに戻したことが良かったと思う。
でも、手描きの限界というのもあるんだよネ。
劇場でも観たけど、やはりスクリーンが大きすぎると物足りない感じもあった。
でも、テレビで観れば、そんな感じは全くしない。
どちらかと言えば、DVD向きの作品なのかも?・・・。
まぁ、ナウシカトトロを越えたとまではいかないが、それに並ぶ作品だ。

トロイ
本当は恐ろしいグリム童話じゃなくて本当はエロいギリシャ神話という感じ?。
戦いウラ側にあるドロドロの愛憎劇豪華キャストが演じている。
でも、逆に木馬アキレスの死については
後はご存知のとおりですって感じでアッサリ済まされていた。
それでも、ハリウッド映画戦闘シーンは凄い。
やっぱり、劇場で観たかった・・・。 

ルパン三世 the Last Job
今回のルパン面白かった
20年におよぶシリーズの集大成として制作されたと言うだけのことはある。
コミカル&スピーディールパンらしさが最大限に発揮されていた。
忍者強盗集団が相手ということでバトルシーンも充実。
銭形の出番が少ないのは淋しかったが、
代わりに銭形みたいにしつこい忍犬が頑張ってたもんネ。
しかし、the Last Job という
意味深なタイトルにも関わらず、終りを感じさせる要素はまるで無かった。
というか、まだまだルパンは終わらないよネ?。

ハンサム★スーツ
DVDが出たら観ようと思っていて、完全に忘れていた
オチは早い段階で分かってしまうが、
その分をゲスト出演者小ネタで上手くカバーしてラストまでもたせていた。
でも、不細工な主人公がハンサム生活を楽しんでいるというよりも、
谷原章介サンブサイクな行動を楽しんで演じているという印象のほうが強いような・・・。

ロスト・ワールド
CGの未来を切り開いたジュラシック・パーク続編
技術は格段にアップしているけど、前作のほうが好きかも・・・。
というか、テレビだとねぇ・・・、劇場の迫力を知っていると・・・。

風の谷のナウシカ
しかし、何度観ても飽きないな、コレは・・・。
ポニョナウシカの前では色褪せる。 ポニョ放送が先で良かった。
そえいえば、今回は提供バック
安田成美サン♪風の谷の~、ナウ~シカ~♪ってが流れなかったな・・・。

Genre : ブログ ブログ



バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。