戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダム、・・・、オヤジになっても語りだしたら止まらない!!。 




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

シンケンジャー 最終幕

侍戦隊シンケンジャー 最終幕 「侍戦隊永遠」

年明けから、ノンストップ感覚で駆け抜けてきたシンケンジャー
そんな、シンケンジャーも遂に最終回

まず、オープニングがあることに驚いた。
ここ最近の戦隊としては珍しい。
最終回はいつも時間が足りなくてカットされているのに・・・。

で、ラストボス血祭ドウコクなのだが、
最初からいたせいか、そんなに強い感じがしないんだよねぇ。
薄皮太夫を取り込んでパワーアップしても、見た目は大して変ってないし・・・。
まぁ、その代わりと言ってはなんだけど、セリフはなんだか凄かった。、
とにかく、ドS発言を連発。 もう、子供番組の域を越えていたような・・・。

1002120101.jpg 

そんな、ドウコクを相手にピンク&イエローは進路を確保、
ゴールド&ダイゴヨウは後ろを守り、ブルー&グリーンが盾となり、
レッドの作った志葉家モヂカラディスクを使ってドウコクを攻撃する。
力ずくと言ってたわりには、随分と計画的じゃない?・・・。
まぁ、殿を中心とした侍戦隊らしい戦法だが、コレがあえなく失敗

しかし、ここにきての敗戦は少しクドかったかな?。
どうせなら、一度はを含めた7人で戦って欲しかった。
正直な話、ダブル・レッド共闘には期待していたのに・・・。
まぁ、最終決戦は今まで頑張ってきたメンバーでというのも分かる。
というか、スーツアクター蜂須賀祐一サンスケジュールが合わなかっただけかな?。

それでも、にはシッカリ出番があった。
怪我をおして志葉家モヂカラディスクを作る健気な姿には萌えた
そして、ジイも戦場におもむき殺陣を披露。
いや~、まだまだ現役ですネ。 というか、さすが年季が違う。 
贅沢を言えば、必殺仕事人の時みたいにナナシを2つに折りたたんで欲しかったけど・・・。
さらに、嫌われ役の丹波までもが自らのモヂカラを差し出そうとは・・・。

1002120102.jpg 

まさしく、すべてが一丸となっての再戦!!。
まずは、最終回の恒例となった素顔での名乗り&キメポーズ
コレを見ると最終回なんだという実感が湧いてくる。
というより、コレが無いと最終回ではない!!。

1002120103.jpg 

そして、変身後は皆が協力してモヂカラドウコクを抑えこむ。
こういうコンビプレー戦隊の魅力だよネ。
さらに、烈火大斬刀二刀流!!。
まさか、あんなにデカいモノを2つも構えて走るなんて・・・、スゴ過ぎる・・・。
コレは伝説に残るアクションと言って良いだろう。

1002120104.jpg 

しかし、トドメブルーというのは驚いた。
たしかに、シンケンジャー笑いを支えてきた功績は大きいと思う。
にしても、モヂカラを操るブルーディスクを使うことには違和感がある。
というか、殿もこんなところで影武者根性を出すことないのに・・・。

そして、身解除の状態で挑む、最後の巨大戦
で、今度は本当の力ずく。 まさしく捨て身突撃
ドウコクの攻撃を受け、サムライハオーテンクウシンケンオーに、
さらにテンクウシンケンオーシンケンオーとなっていく展開は上手い演出だった。
肉を斬らせて骨を断つという時代劇的な発想は良いと思う。
そして、これが最後とばかりに、セットが壊れていくのも最終回ならではの醍醐味だ。

1002120105.jpg 

でも、トドメの一撃はイマイチ地味だったような・・・。
やはり、何か決め手みたいなモノはあったほうが良かったと思う。
というか、死亡フラグともとれる殿のセリフで
ドキドキさせておいて、何も無いというのは拍子抜け
それこそ、一の目ブルートドメを譲ったのなら、
二の目レッド見せ場が無いと話が締まらないような気がする・・・。

で、ドウコクを倒したシンケンジャー達はそれぞれの道を歩み出すことに・・・。
しかし、アフターエピソード的なモノは抑え気味?。
有ると間延びするのも確かだが、無いと寂しいのも確か・・・。
まぁ、たまにはアッサリ終わるのも良いかな?・・・。

まず、殿養子にして、年上の子供を持つ母親になってしまった
を演じる夏居瑠奈チャン14歳・・・。
これって14才の母ってギャグじゃないよな?・・・。
といっても、家督を継がせただけで戸籍上は・・・。
養子を取るどころか、結婚も出来ないでしょ、そのじゃ・・・。
で、とりあえず隠居という扱いになるのだろうか?。
というか、これから青春を謳歌するのかな?。
オヤジとしては、機会があればセーラー服で再登場して欲しいものだ・・・。

で、千明大学受験流之介歌舞伎界に復帰、
ことは京都へ戻り、源太パリ寿司屋屋台をやることに・・・。
まぁ、この辺は元に戻った感じかな?。

1002120106.jpg 

ただ、茉子だけは第34幕の流れで、とりあえず両親のいるハワイへ・・・。
でも、「また、戻ってきます」と言っていたのが気になる。
これって取りようによっては、押し掛け女房宣言に聞こえるんだけど・・・。
というか、ことは&姫を交えた殿争奪戦も見てみたいのだが・・・。
いや、茉子&姫嫁vs姑バトルも面白そう・・・。

そして、別れの舞を披露して、また流之介が目立っていた。
本当に流之介は優遇されてるなぁ・・・。
あと、なにげにラストカットが掃除をしている黒子だったのも印象的。
黒子の活躍もシンケンジャーには欠かせない要素だった。
なんか、どこまでも番組の功労者スポットを当てる最終回だったような・・・。

てな具合で、シンケンジャー無事終了
スーパー戦隊では珍しく、計画的なストーリー構成が印象に残る作品だった。
でも、不景気のせいか、最後は予算不足だったという感じがする。
予算があれば、最終回はもっと踏み込んでいけたと思うのだが・・・。
まぁ、物足りなさもあるが、それ以上の感動もあった。
とりあえず、関係者の皆様にはありがとうと言いたい。

でも、今度はⅤシネマが出来るようで・・・。
その名も帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕
6/11レンタル開始、6/21DVD発売
撮影のほうは既に2/3でクランクアップしているそうだ。

1002120107.jpg 

正直、この情報を聞いたときはディケイド悪夢が頭をよぎった。
でも、最終回悪影響も無く、とりあえずはホッとしている。
ちなみに、茉子役高梨臨チャンブログには
「きっと、腹筋が割れるくらい笑えると思います」と書かれた記事がアップされていた。
自らハードルを上げるような発言をするくらいだから、期待して良いのかな?。

しかし、コレが出るということは、次回のVSシリーズ
ゴセイジャーvsシンケンジャーじゃなくてゴセイジャーvsスーパー戦隊なのかな?。
ゴセイジャーダイスオーがらみのカード戦隊だからねぇ・・・。
オールライダー対大ショッカーみたいな展開は十分に考えられる。


スポンサーサイト

シンケンジャー 第四十七幕

侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕 「絆」 。

シンケンジャーも残りわずか。
最終決戦を前にして、今回は人間関係整理という感じだったかな?。
回想シーンを多用して撮影の負担を軽減しつつ、
それでも手抜きを感じさせず、話の流れも切らずにやってしまうトコロが凄い!!。
本当に年明けからノンストップ最終回までいっちゃうネ。

まぁ、今回は殿家臣を取り戻すというのがメイン。
そんな中でも、シンケンジャー笑いを支えてきた流之介&黒子の存在が光った。
で、黒子を代表して第七幕流之介舵木折神を釣り上げた朔太郎が再登場。
こんな終盤にきて、なんて贅沢なキャスティングなんだろう。
そして、それに応えるように朔太郎が良い仕事をする。
流之介の説得はモチロンのこと、ハリセンを差し出すタイミングも絶妙だった。

1001260101.jpg 

そして、殿と激しい戦いを繰り広げてきた十臓が遂に天に召された。
殿の渾身の一撃にも再び立ち上がった十臓だったが、
裏正に宿った妻の魂に足止めされ、炎の中に散っていった・・・。
最後は裏正が光に包まれて消えていったし、夫婦仲良く成仏したと考えて良いのかな?。

1001260102.jpg 

まぁ、十臓最後については賛否両論あると思う。
でも、外道のまま闘いの末に死んでいったら意味が無いし・・・。
それに、最後は人間体でということもあっただろう。
唐橋充クン気迫の演技を数多く見せてくれたもんネ。

で、炎の中から殿を救い出した家臣達
朔太郎の言葉で迷いが無くなった流之介にも見せ場が・・・。
を斬り裂いた一太刀はカッコ良かったねぇ~。
でも、いきなり「司馬丈瑠!!」殿呼び捨てにしたのは笑っちゃったな。
あと、千明が殴りかかったのを反射的に避けてしまう殿にもネ。
そして、家臣の思いを知った殿の目からはがこぼれる・・・。
まぁ、ベタな青春ドラマのような展開も粋な演出で上手く仕上げていたと思う。

1001260103.jpg 

それにしても、は良い娘だよネ。
殿家臣もシッカリ受け入れて・・・、さすが、本物の当主といった感じ。 
若いのに人間が出来過ぎている。 というか、殿よりも絶対に人間出来てるって・・・。
そして、そんなお供を買って出る源太男前だった。

そして、もう1つ決着をつけなければならない対決が・・・。
茉子vs薄皮太夫の女の闘いは茉子の勝利?。
いや、太夫はわざとピンクに斬られ、百年の未練がこもった三味線を手放す。
これにより一気に三途の川増水。 そして、ドウコク復活!!。

1001260104.jpg 

ということで、次回はドウコクとの対決
がどうなるか心配・・・、と思ったら、無事みたい・・・。
だって、公式HP次回予告で手当てされて殿と話している画像が出てるもん・・・。
というか、テレビ雑誌児童書ならともかく、
公式HPネタバレうかつ過ぎるんじゃないか。
というか、もっと他に出さなきゃいけないシーンがあるだろう!!。

でも、ドウコク復活って、なにげに茉子のせいだよネ・・・。
思いっきり地雷を踏んじゃった感じの茉子・・・。
で、そんな茉子を演じている高梨臨チャン
1/28発売のヤングジャンプ巻末グラビアに登場する。
どんな内容かは不明だが、ファースト写真集の出来が良かっただけに期待大!!。

ちなみに、臨チャンファーストDVD買っちゃった。
販促用のダイジェスト映像を見て、
絶対に買うと決めつつも、金欠正月になってしまった・・・。
でも、評判どおりの出来に大満足。 コレはオススメ!!。
まぁ、シンケンジャー露出が少なくて、お預けを喰らっていたせいもあると思うけど・・・。 


高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』高梨臨ファーストDVD 『Rin ~tobira~』
(2009/10/21)
高梨臨

商品詳細を見る

ハッキリ言って、はそれほどないが、ラインは絶品だ!!。
それに、初DVD戸惑いを見せながら、チョットした大人の色気を匂わせる。
そんな、微妙な表情はこの1枚でしか楽しめないと思うぞ。
オッパイ星人じゃなくて、ホクロが気にならない人には満足してもらえるハズだ。


シンケンジャー 四十五幕

侍戦隊シンケンジャー 四十五幕 「影武者」。

本物の志葉家十八代目当主が登場して、大混乱のシンケンジャー
そして、遂に志葉家真実が語られた。
といっても、随分前からネタバレしてたけどネ・・・。

で、先代レッドを演じたのはメガレンジャーメガブルー
ハリケンジャーシュリケンジャーを担当していた松風雅也サン。 
そういえば、劇場版初代レッドを演じた
合田雅吏サンオーレンジャーの時はブルーだった。
また、レッドなのに元ブルー・・・、狙ってやっているのだろうか?・・・。

それに、薄皮太夫朴璐美サンに続き、声優さん顔出し・・・、
というか、ゴーオンジャーあたりから、声優さん顔出し企画が多いような・・・。
まぁ、二枚目だから、だけじゃもったいないもんネ。

1001150101.jpg 

しかし、殿(まだこう呼んで良いのか?)の土下座はビックリした。
黙って消えても、別に問題ないキャラだと思うのだが・・・。
でも、コレが男のケジメという感じで意外とカッコ良かったりする。
さらに、家臣達の困惑の色も濃くなり、正に一石二鳥の演出だった。

でもって、本物のも悪い娘ではないようで・・・。
必至に封印の文字を修得するなんて、なんか健気じゃない?。
だからこそ、家臣達も邪険には出来ない。
それに、外道衆から人々を守るのが最重要。
そんな、がんじがらめな設定が素晴らしい。

そして、夏居瑠奈チャンもシッカリとを演じていた。
放送開始当初殿を参考にしたのか、なかなか良いキャラに仕上がっている。
しかし、変身シーンは勝手が違うようで・・・。
こなれた4人と並んで変身すると、どうしてもが見えてしまう。
というか、ショドウフォンという変身アイティムは手が小さい女の子には扱いにくそうだ。
それに、急な話で慣れる時間もなかったようだし・・・。
だけアップで別撮りという手もあったと思うが・・・、
でも、そういう甘えを許さないのが、東映特撮ヒーロー伝統だったりする。

1001150102.jpg 

そして、バトルでもらしい演出が随所にみられた。
というか、そういう演出をしないと、見た目じゃ殿との区別がつきにくい。
まぁ、シンケンマル黒子まかせというのは、少し過保護だと思うが・・・。
あと、殿が先陣を切って敵に向かっていったのとは対照的に、
家臣の後からゆっくりと戦闘に参加する辺りは、本物の貫録を感じさせる上手い演出だ。

で、スーツアクター世界一の女形アクターと言われる蜂須賀祐一サン
忙しいなかスケジュールを裂いて出演してもらったようだ。
たしかに、この役は蜂須賀サンしか考えられないもんな・・・。
相変わらず、とてもとは思えない身のこなしで魅了してくれた。

1001150103.jpg 

でも、烈火大斬刀は男の蜂須賀サンでも重かったようで・・・。
それでも、反動つけたり、持ち手を変えたり、足で蹴り上げたりと、
重さを逆手にとってらしい大斬刀さばきを生みだしてしまうトコロが凄い。
アクションについて言えば、期待以上のモノをみせてもらった。

しかし、問題は巨大戦
やはり、源太がいないのに、サムライハオーを出しちゃ駄目だよネ。
おもちゃ売り上げが気になるのも分かるけど・・・。
たしかに、近所のスーパー行くと、
モウギュウダイオーが売れ残って山積みだもんな・・・。
でも、それなら最後はが1人飛び出して、
モウギュウダイオーで一掃するというのが正解だったと思うけど・・・。

あと、気になるのは殿の様子。
重度の燃え尽き症候群というか、完全な抜け殻というか・・・。
そこで、効いてくるが十臓源太の存在。
殿当主であろうと無かろうと関係ないキャラがシッカリ揃っている。
ということで、次回は再び十臓との決闘!!。
でも、今にも人斬り外道に堕ちそうな目つきをした殿は大丈夫なのか?・・・。

1001150104.jpg 

まぁ、何やら様子がおかしい殿だが、
司馬家の繁栄のために婿養子になるなんて展開は無いかな?・・・。
さらに、茉子ことはも参戦して三つ巴の殿争奪戦?・・・。
なんやかんやで、最後は殿ハーレム・エンドだったりして?・・・。
なんか、妄想でムカついてきたぞ・・・。

ちなみに、撮影のほうはオールアップしたようだ。
関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした
最終回まで、シッカリ観させて頂きます!!。


シンケンジャー 第四十四幕

侍戦隊シンケンジャー 第四十四幕 「志葉家十八代目当主」。

新年明けて1回目の放送ということで、完全に正月モードシンケンジャー
おせち料理かくし芸カルタ、更にお年玉で貰った筆で書き初め・・・。
侍戦隊ということでクリスマスは地味だったが、その分、お正月は盛大だネ。 

1001070101.jpg
 
でもって、目を引くはヤッパリ茉子&ことは着物姿!!。
2人ともなかなかの着こなし
あと、微妙なかくし芸もそこそこ笑えた・・・。

しかし、今回の見どころといえば、本物の志葉家十八代目当主志葉薫
といっても、今回は顔見せ程度だったけど・・・。
演じる夏居瑠奈チャン14歳だけど、
オトコの子育てなどに子役で出演していて、演技力は折り紙つき。
立派にお姫様を演じてくれるはず・・・。
というか、女の子が増えるなら、オヤジは誰でも大歓迎!!。 
 
1001070102.jpg

また、お付きの丹波歳三を演じるのは松澤一之サン
に代わって、一手に嫌われ役を引き受けることになりそうなキャラだ。
ただ、それだけに笑いもとれないとシャレにならなくなる。
夢の遊眠社の舞台で培われたセンスに期待したいトコロだ。

しかし、殿影武者だったという衝撃的な展開。
この設定は番組開始当初から決まっていたモノらしい。
家臣を集めることをためらっていたのも、
当主でありながら捨て身の闘いをしていたのも、意味があったということだ。
さらに、殿だけではなくジイの行動も・・・。
の代りにになったことに負い目を感じていたことは
いち早く気付いたのは、殿と重なる部分があったからじゃないかな?。

でも、大人にはゾクゾクする展開も、子供の目にはどう映っているのかな?。
この先、子供達にどんなメッセージを発していくのか興味深いトコロだ。
というか、これだけのドンデン返しがあると、
残りが5話もあっても、最終回まで一気に駆け抜けちゃいそうだよネ。

シンケンジャー 第三十九幕

侍戦隊シンケンジャー 第三十九幕 「救急緊急大至急」。

ここにきて、ストーリーが大きく動いた感じだネ。
最近は新兵器は出てくるものの、話の本筋は停滞気味だったから・・・。
いよいよ、終盤戦に突入と言ったところだろうか?。

で、十臓「弱くなった」と言われて、苦悩する殿
そんな、殿の様子はモチロン気になるのだが、
オヤジ目線でいえば、茉子の様子も気になるトコロ・・・。
やはり、の矢印が殿へ向いているように見えてならない。

0911280101.jpg 

しかも、殿の手当てをするために入った山小屋がなんとも怪しい。
いかにも、男女が迷い込んだら間違いが起きそうな雰囲気が・・・。
もう、この辺はそう見えるようにワザと演出しているとしか思えない。

ちなみに、弱った人を見るとギュッとしてしまう茉子だが、
今回は弱っている殿を見ても、抱きしめることはしなかったよネ。
まぁ、殿も近寄るなオーラ出してたし、
母親との再会を経て、茉子が成長した結果とも考えられるが、
オレが思うに、それって茉子殿として意識しているからじゃないのかな?。

0911280102.jpg 

そして、ことはの矢印も微妙な方向を向いている。
ことはの相手は千明とも考えられるが、
殿に対する憧れにも似た恋心も芽生え始めているような・・・。
下手をすると、殿ひとりで両手に花みたいな状態になる可能性も?・・・。
そうなると、茉子正室ことは側室?・・・。 
もう、殿様ったらハレームじゃん!!。

ということで、今回はバトルシーンなどは一切なしにして、
殿&茉子の怪しげなシーンを集めてキャプを並べてみることにした。
これにラストシーンのことはを入れることで、さらにドロドロした感じが出てくる。
これだけ見ると、とても戦隊ヒーロー番組の映像とは思えない。
なんか、昼ドラのような雰囲気に・・・

で、唐突だが昼ドラといえば、来年1/5からスタートするインディゴの夜
フジテレビの昼ドラ45年目を飾るこの作品はかなり凄い!!。 
何がって、やたら特撮関係者の出演が多い!!。
もう、メイちゃんの執事なみ。 いや、それ以上かもしれない。

とにかく、いちいち名前をあげるのが面倒なくらい出てくる。
なかでも、注目は仮面ライダーディケイドでヒロインの夏美を演じた森カンナちゃん
長かったをバッサリ切って、性同一性障害ホストを演じるらしい。
どちらかといえば長い髪の女性が好みのオレとしてはチョット複雑な気分・・・。
とりあえず、所属している事務所を考えると、本格女優を目指しますって感じなのかな?。
まぁ、女優として頑張るカンナちゃんを応援する気持ちはあるけど、
このままいくと、彼女の水着グラビアとかはこの先も目にすることは出来ないのかも?・・・。

で、話をシンケンジャーに戻そう。
恒例となったVSシリーズが1/30から劇場公開されることになった。
侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!
いきなり、テレビCMがオンエアーされて少し驚いた。
とりえず、公式サイトも早速オープンしている。

0911280103.jpg 

と言っても、1/30公開という、なんとも慌ただしいスケジュール・・・。
多少の無理をしてでも、シンケンジャー
オンエアーしているうちに公開しないと、集客に大きく影響しそうだもんネ・・・。

で、ゴーオンジャー VSゲキレンジャーと同様、
一般 1200円、子供 800円 の特別料金で鑑賞できる。
まぁ、放映時間を考えたら・・・。 というか、前売り券はまた発売しないのか・・・。

そして、好評だったガンバライドの後を追い、スーパー戦隊カードゲームが登場する。
スーパー戦隊バトル ダイスオー。 
2010年の春、スタート予定。 一応、公式サイトも仮オープンしている。
また、来年1/2から池袋サンシャインシティで行われる、
ガンバライドクエストというイベントに行けば、いち早くプレーが出来るらしい。
なんか、来年もお金を使っちゃいそうだよネ・・・。




バンダイチャンネル


 
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
ツイート
 
 
 
 
カレンダー
 
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
ブログ紹介
 
 
その名のとおり、
特撮・アニメを語るブログです。
ギャグが寒かったり、
死語が多かったり、
シモネタを連発したり、
リアクションが昭和だったりと、
お見苦しい点が多いかと・・・。
でも、そのままのノリでいきます。
それが、オヤジ目線ですから・・・。
 
 
プロフィール
 
 
Author : g議長
1967年3月28日生まれ
西東京市在住 男性
未婚 フリーター
もう、イイ年こいたオヤジです。
俗に言う、ダメ人間?。
まぁ、怪しい者ではありません。
いや、怪しいけど大丈夫?・・・。
 
 
ブログペット
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。